タイヤチェーン 活用法とは?積雪前に確認するのがベスト!

スポンサーリンク

タイヤチェーン 活用法とはどういうことなのでしょうか?

積雪前に確認するのがベストだと思いますがどんな種類がありメリットデメリットが気になりますね。

世間の反響は?

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

タイヤチェーン 活用法の詳細

スタッドレスタイヤだけで安心と思う人もいますが最近はチェーン規制が実施されればスタッドレスでも装着しなければいけないこともあります。

ここではチェーンの種類やその種類におけるメリットやデメリットをお伝えしていきます。

まずはチェーンには金属型と非金属型とそして最近話題になっている布型もあります。

金属タイプのタイヤチェーンは、金属の鎖をタイヤの形状に合わせて組み上げた、もっともオーソドックスなタイプです。魅力としては、価格の安さ、雪道だけでなく凍結路などでも強さを発揮してくれる点です。

また、コンパクトに収納でき、トランクに常備させても場所を取りにくいのも特徴で、金属製のため重量があるので非力な人では取り付けに苦労することもあるようです。

やはり重量がありつけるのが大変なのが一番のデメリットですね。

一方では非金属型はどうなのでしょうか?

次に非金属タイプのタイヤチェーンは、路面と接触する部分がゴムやウレタンなどの樹脂なうえ、デザインパターンも豊富で、雪道でも乾燥路でもノイズも静かで、乗り心地も金属タイプより数段快適です。また、乾燥路で連続使用しても切れにくいといわれています。

その反面、樹脂の部分が、すでにタイヤに合わせた形状になっているため、コンパクトに収納するのが難しい部分があります。

逆にこちらは軽くて丈夫な印象ですが高価であり、コンパクトでは無いのが悪いところみたいですね。

そして最後の布型とはどんなチェーンなのでしょう?

タイヤに靴下を履かせるように全体を布製のカバーで覆うタイプで、金属や非金属と比較するまでもなく軽量かつコンパクトさが特徴になっており、走行中の振動やノイズもほとんど発生せず、値段も非金属製よりは安価です。

その反面、当然ながら金属タイプや非金属タイプのタイヤチェーンより耐久性やグリップ力が不足してしまうのがデメリットだといいます。

前出のカー用品店のスタッフは「布製のものは、チェーン規制が出ている道路では使用できません」と説明します。

どれをとってもメリットデメリットが違くてこれは迷ってしまいますが、

やはり車に入れておくと良いのは金属型と非金属型のような気がしますね。

スポンサーリンク

タイヤチェーン 活用法 ネットの反応

♦スタッドレスタイヤと金属チェーンを持っています。幹線道路はスタッドレスだけで除雪もしてあり十分なものの、目的地の駐車場手前の坂が凍りついていて、スタックしてしまうことがよくありました。そんな場合はスタッドレスでもチェーンを装着せざるを得ないです。あとチェーンは整合表では合っていても、実車で大きさが合わずタイヤに取り付けられなかったり不良品だったりすることもありますので事前に練習をかねて

♦去年、非金属のチェーン撒いた。
装着に1時間半もかかった。
雪が降り出したら、手がかじかんで装着できないと思うよ。
ゴムはめるのにすごい力がいるんだな。
チェーン規制されたら、金属チェーンにする。

スポンサーリンク

タイヤチェーン 活用法 おわりに

関東圏内の人はいざ雪がふると慌ててしまいますから

普段から準備をしていざというときに備えておくのが大事ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました