19 解散理由を告白!印税が驚愕!岩瀬敬吾と岡平健治の現在と復活は?

男性有名人
スポンサーリンク

19 解散理由がネットで注目を集めています!

1999年に「あの紙ヒコーキ くもり空わって」で大ブレークしたフォークデュオ「19」の元メンバー・岩瀬敬吾さんが26日深夜放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に解散後テレビ初出演し、わずか3年で解散した理由を明かしました。

岩瀬さんがまたTVに出演する日が来るなんて驚きました!

19の解散理由と、メンバーの現在について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

19 解散理由 詳細

19 解散理由の詳細はこちらからお伝えしていきます。

幼なじみだった岩瀬敬吾さんと岡平健治さん、作詞担当のイラストレーター326(みつる)さんで結成した「19」。

デビュー作は1998年の「あの青をこえて」ですが、1999年春にTBSテレビ「1999・春」のキャンペーン・ソングに2ndシングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」が起用されたことにより大ヒットしました。

出典元:https://youtu.be/9usSwKbtXWY

19とても懐かしいですよね。19は昔大好きで、アルバムだけでなくバンドスコアも持ってて、ブルースハープも練習してましたよ・・・。

19 印税が驚愕の金額

大ヒットのきっかけとなった「あの紙ヒコーキ」を筆頭にCDを650万枚も売り上げ、19は一躍人気アーティストになりました。

印税など当時のギャラは、最初の約2年間は契約が固定給だったそうで、最初は10万円ほどだったらしいです。

当時住んでいた部屋の家賃は5万3000円と告白。固定給だったため、その間に売れた200万枚くらいの印税はまさかの0円だったといいます。

ちなみに岩瀬さんが作詞作曲した「ビルはほど遠い街」は当時の暮らしがよく感じられます。

その後は固定給の契約を歩合制に変更したそうです。すると、シングルだけでなくアルバム含めいきなり印税5000万円が振り込まれたのだとか!!驚愕の数字ですね・・・!

19 名前の由来

名前の由来については「なんだったんですかね?ミツルくんから名前を変えないかと提案があって、僕らはそんなにこだわりがなかったので、変えました」と明確な理由は分からないと答えています。

ジュークボックス説についても「それもあったかな」と反応し「年齢もあります。19歳、20歳くらいの過渡期の気持ちとか精神的なものを言葉にしたかったと思う」と語りました。

結構バンドとかの名前の由来って本人たちもはっきりわからないことありますよね。

19 解散理由は若さゆえ?

人気絶頂の中、19はわずか3年で解散しています。

解散真相について岩瀬さんは「(理由は)すごく複雑に入り組んでいるんですけど、若かったのが一番大きい。若いと猪突猛進というか、こう決めたらこうと健治くんも僕にもあったので。大きいケンカも1回あったのですが、自分の作品を世に放つまでは曲げられない部分がお互いに強く持ってて…」と語っていました。

互いに作曲を担当していたため「曲を出した方に分があるぞみたいな感覚で。親友から始まったので、感情のズレには、寂しさもありつつ…」と振り返った。

岡平さんは19ツアーの時、岩瀬さんに嫌がらせ行為をした噂もありましたね。真相は不明ですが・・・。

スポンサーリンク

19 解散後 復活ありえる?

解散後、岩瀬さんも岡平さんもそれぞれ別の道で自分の音楽を追求していっています。

岩瀬さんはソロシンガーですが、岡平さんは3B LAB.☆Sのメンバーやソロとしても活躍。

出典元:https://youtu.be/t_yolcAsJvA

こちらは岩瀬さんの5thシングル「ノイズとため息」より「Halloween」。

亡くなった友人に向けて作った曲と記憶しています。とても素敵な曲で、何回も聞いてます。

MCの名倉潤さんに「復活したいと思っています?」と質問されると「少し考えたことがありました。(岡平には)言ってないです」と返答。名倉さんは「今言おうよ!電話しようよ!こういう時に勢いで言ったほうがええねん」と続けると、「今は思ってないので。思った時もあったという感じですね」と笑顔で否定しています。

そりゃそうですよね。二人は解散後、仕事はおろかプライベートですら一度も顔合わせすることはなかったと聞きます。岡平さんも過去にソロツアーで「19復活は無い」と何度か口にしています。

岡平さんの曲は19の雰囲気を継いでいて、パンクとフォークという感じですね。

スポンサーリンク

19 解散理由 ネットの反応

19 解散真相に対するネットの反応を見ていきます!

19は好きだった。
出会ってなければ音楽に興味を持つ事もなかった。
解散してからそれぞれの音楽を聴いたけど解散したのも納得。
自分で作って歌っている時が一番楽しいと思う。特にこだわりがある人なら尚更。
だからこだわりを持っている人のみ聴いてくださいって敬吾のアルバムのポスターに書かれていた意味が今ならわかる気がする。

ケイゴはやはりはぐらかしたらしい
健治としては決定的な原因はケイゴにあるらしく、ケイゴ自身から腹を割って話して貰わないと再結成はないと、、、いや、話されても無いと。よほど何かあったんだろう。
そして健治はデビューするなら19では無く、3BLABでデビューしときたかったとも現在の心境として、話ていた。
ケイゴに対しては、リスペクト出来ないと。
ゆず派 19派 で言えば自分は19派です。
数年前の昼の某情報番組でどちらかが特集されてて
「復活するかも」みたいな事を言っていたので
わくわくてかてかぬるぬるしながら今も待ってます。
スポンサーリンク

19 解散理由 おわりに

名倉さんの「今言おうよ!電話しようよ!」はちょっと嫌でしたね。

二人それぞれ別の道で納得してるのですから。

解散後の岩瀬さんの曲を聴いた時、「19と方向性がぜんぜん違うな」と感じましたね。

CDはもちろん、ライブにも何回も行っていて、その度に感動します。今後も素敵な曲を作り続けて欲しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました