新しい職場 NG言動例!緊張や不安を解くための秘訣は?

驚きの表情ニュース速報
スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例が話題になっています。

転職や異動すると周りの人間関係が一気に変わるので

不安や緊張などつきものでしんどいですよね。

いったいどれくらいで慣れるのでしょうか?

また緊張など怖がらないでいる秘訣はあるのでしょうか?

それでは詳しくお伝えしていきます。

新しい職場 NG言動例の詳細

まずは新しい職場のNG言動例の報道内容はこちらです。

転職をはじめ、異動・出向などに伴い、10月1日付で新しい職場にデビューした人も多いことでしょう。新天地では最初の印象が肝心です。そこで今回は、新しい職場に入ったとき、もともとそこにいた同僚から嫌われないようにするために、注意すべき言動についてお伝えします。

私は転職エージェントとして、転職希望者の転職活動をお手伝いしてきました。その経験から実感するのは、志望企業に入社を果たすだけではなく、入社後に活躍できてこそ「転職成功」といえるということです。実際、希望の転職を実現させたものの、入社後に「組織になじめない」と悩む人もいます。

■最も嫌われるのは、前の職場・勤め先との比較

「このソフト、古いバージョンなんですね」

「このデータの集計って、まだ手作業でやってるんですか?」

新しい職場のパソコンで操作を始めて発した、ふとした一言。自分では何気なく言ったことでも、それを聞いた既存社員は「カチン」ときているかもしれません。悪気がないのはわかっていても、バカにされているように感じ、いい気持ちはしないでしょう。

近年は、様々なIT(情報技術)ツールがありますが、導入が進んでいる職場とそうでない職場があります。例えば、前の職場で「Slack」などのチャットツールを使い慣れた人であれば、メール中心のやりとりをもどかしく感じるかもしれません。

そうしたシステムやツール類をはじめ、新しい職場の設備や環境面が前の会社より劣っていたとしても、それをストレートに口にしないよう注意してください。「上から目線のヤツ」と、同僚たちの心のシャッターが閉じてしまうかもしれません。

せめて最初の3カ月ぐらいは、現状を「いったん受け入れる」というスタンスで臨むことをお勧めします。そうするうちに、「こういう経緯や事情があってこうなっているのか」といったことが徐々にわかってきて、課題の本質がつかめるようになるでしょう。そのうえで、新しいシステムやツール、手法の導入を提案するようにしてください。

■「丁寧に説明しているのに、メモを取らない」

新しい職場に入ると、業務の進め方はもちろん、ちょっとした職場のルールなどについても説明を受けます。その際、メモを取らない人が意外と多いようです。新入社員への説明・指導を担当する既存社員の側からは「ちゃんと理解しているのか、不安になる」「真剣に覚えようとする気があるのかどうか、疑問を感じる」などの声が挙がっています。

もちろん、1回聞いたらちゃんと覚えていて、間違いなく実行できるのであれば問題はありません。しかし、メモを全く取らない人ほど、後になって「これって、どうでしたっけ?」と質問してくることが多く、相手をいら立たせてしまうようです。

会社が変われば、「常識」も変わります。「これが常識」と思っていたことが、「非常識」と見なされてしまうこともあります。

また、上司との打ち合せや経営幹部へのインタビュー中、パソコンでメモを取ることを「当たり前」とする会社もあれば、「失礼」と見なす会社もあります。自身を「小職」と称したり、メールの署名に「拝」を入れたりなど、前の職場では「丁寧で良い」と教わったのに、新しい職場では「堅苦しい」と思われることもあります。

■前の会社での習慣を引きずる

なお、文房具や紙袋といった、会社の備品類の使い方のほか、交通費の精算、仕事に使用する資料の購入などについても、会社によってルールが異なることを認識しておいてください。例えば、文具であれば会社が一括購入したものを使うのか、自身で購入して経費として精算するのか、タクシーの利用が認められるのはどんなケースか、仕事に使用するものの購入はどの程度まで経費で落とせるのか――などはケース・バイ・ケースです。前の会社と同じ感覚で行うと、後からとがめられることもあり得るので、細かなことでも確認を取るようにしましょう。

このような例は他にもいろいろあるはず。うっかり前の会社での習慣を引きずらないよう、周囲を見回して、事情を察するなり、「これはOKか」を確認するなりしてください。

無意識に人をイラっとさせるおそれがあるのが、「カタカナビジネス語」。例えば「アジェンダ」「アサイン」「イシュー」「エビデンス」「バジェット」といったものです。会議やプロジェクトに「ジョインして」という言葉なども、ある会社では日常的に使われていても、風土が異なる会社に行けば、「何をかっこつけて言ってんの?」と異質に感じられてしまうようです。

こうしたカタカナビジネス用語は、どれを使いどれを使わないのか、会社によって習慣が異なります。「違う言語を話す人が入ってきた」と思われると、既存社員に警戒心を抱かせてしまうかもしれません。最初は皆が話す言葉を観察しつつ、発する言葉を選ぶことをお勧めします。

■これまでいた会社のものさしで判断する

なお、職種の位置づけや役割が大きく異なることもあります。例えば「マーケティング」という職種には、「リサーチ」「広報・宣伝」「販促企画」「営業企画」などの要素が含まれますが、その会社のマーケティング担当者がどこまでを担っているかは会社ごとに異なります。これは多くの職種に言えることです。

職種名・役職名を聞いただけで、これまでいた会社のものさしで「こういう役割の人なんだろうな」と勝手に判断しないようにしましょう。一般的な共通言語に見えるものでも、その会社では何を指すのかを意識し、正しく理解するようにしてください。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191005-00010004-nikkeisty-bus_all&p=4

今回の記事をまとめていきますと・・・

  • 最も嫌われるのは、前の職場・勤め先との比較
  • 「丁寧に説明しているのに、メモを取らない」
  • 最初の3カ月は黙って受け入れよう
  • 前の会社での習慣を引きずる
  • 「自分常識」「自分ルール」を持ち込む
  • 社内になじまない言葉を使う

このあたりを注意すれば確かに周りの雰囲気を悪くせずになじめて行けそうな気がします。

スポンサーリンク



 

新しい職場 になれるまでしんどい!どれくらいで慣れる?

しかし新しい職場などで働き始めると結構緊張や不安が常につきまといますよね。

平均的にどれくらいで今の職場に慣れるのでしょうか?

詳しく調べましたところ・・・

転職後、不安を感じたことはありますか? また、最も不安を感じていた時期はいつですか?

出典:https://doda.jp/guide/naiteitaisyoku/syokuba/

やはり1ヶ月をすぎると緊張や不安などに悩む人も減る傾向がつよいみたいですね。

最初の1週間は仕事を覚える期間でもありますから緊張や不安はつきまといある程度1ヶ月すると仕事にも一通り慣れてくるのでしょう。

新しい職場 NG言動例!緊張や不安を解くための秘訣

この緊張や不安を早く解くための秘訣をまとめていきますと・・・

  1. コミュニケーションを積極に自ら取る。
  2. 分からないことをしっかりと分かるまで聞く。
  3. 職場のルールや人間関係を理解する。
  4. 仕事の情報などを理解する
  5. 無理をせずに不安なことはすぐに聞く。

当たり前のことですが仕事のことがよく分からないで働いていると一人で始める時にとても不安になりますし、なにより失敗する可能性もあります。

よって積極的なコミュニケーションを取って分からないことを聞くのは仕事を円滑にすすめるためにも必要です。

さらに職場のルールや人間関係を知ることでよりその職場になじむことが出来て早く仕事にも慣れるでしょう。

新しい職場 NG言動例 おわりに

新しい職場に入るのって胃がキリキリするほど緊張することもありますが、

やはり自分からどんどんと行動していくことで緊張や不安もなくなって慣れていくのも早いでしょう。

こちらの記事も合わせて読みたい!

ちびまる子ちゃん 配慮要望の真相は?視聴者の意見とは?

あいきけんた 無視とは?イメチェンがヤバい!現在の活動は?

深夜営業 増税タイミングはいつから?24時間営業のコンビニは?

スマホホルダー 違反 位置がヤバい!どこに設置するのがNGなのか?

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました