CM炎上問題 本質!炎上した動画達はこちら!ネットの反応は?

ニュース速報
スポンサーリンク

CM炎上問題 本質について話題になっています。

炎上した動画達についてもご紹介していきます。

ネットの反応はどうなのか?

それでは詳しくお伝えしていきます。

CM炎上問題 本質!炎上した動画集はこちら!

まずは最近問題になった炎上や批判のCM動画です。

出典:https://www.youtube.com/

どれもこれもかなり問題になっているようですね。

確かにどれを見てもちょっとおかしい感じがして嫌悪感があるのはわかりました。

もうこれは意図的に炎上商法で作っているとしか思えないです。

本来CMはその会社の商品やサービスを売るためにあるもの。

それをただ注目や一時の人気を集めるだけのツールにしていては本末転倒だとは思います。

CM炎上問題 本質!

こちらがそのCM炎上問題の本質の報道内容です。

テレビCM「炎上させて満足」してませんか? 本当に炎上させるべき「昭和の亡霊」との戦い方

平成という時代、女性差別の内容があるCMに向けられる厳しい目は、炎上という形で問題の一端を浮き上がらせてきた。同時に、炎上が大きくなればなるほど、問題の本質が見えにくくなる心配も生まれている。企業や経営者が表面上の体裁だけ取りつくろう中、消費者はオンラインでの抗議で満足してしまってはいないだろうか。「ネット上のコントロールしやすい現実」で終わらず、「目の前にある動かし難い現実」と向き合う姿勢が求められている。(評論家、著述家・真鍋厚)

西武・そごうの「パイ投げ」

平成という時代は、元号が変わったとはいえ、昭和に育まれた固定観念や、ロールモデルを引きずり続け、そのために不幸と苦悩を背負わざるを得ない時代でもあった。つまり「昭和の延長戦」という面であり、「昭和の亡霊」との闘いを余儀なくされたのだ。

様々な商品やサービスをお客である消費者に訴えかけることを狙って、あの手この手でアプローチしようと試みるテレビCM・ウェブCMは、良くも悪くも「昭和の亡霊」のようないびつな時代の空気を伝える〝体現者〟であった。

それが賛否入り交じる形で象徴的に示されたのが、2019年(平成31年)の新春初炎上となった西武・そごうのCMだった。

「女性活躍」という言葉が注目される日本だが、実際は女性というだけで何かを強いたり、無視されたり、減点されたりする――そんな状況を放置している〝今〟をシュールな寸劇に仕上げたものである。

しかし、女性の顔に勢いよくパイを投げ付けて、ホイップクリーム塗れにしてしまう演出の仕方に、「気分が悪い」「悪意を感じる」など不快感を表明する人々が続出。果ては「性的強要」の隠喩ではないかと指摘する珍説までが飛び交った。

ルミネ「働く女性たちを応援」

西武・そごうのCMは、どちらかといえば世相を風刺したものだが、女性に対する差別のようなジェンダーをめぐるCMの炎上事例は枚挙に暇がない。

2015年(平成27年)にルミネがウェブで公開した「働く女性たちを応援するスペシャルムービー」は、主人公の女性が上司の男性に容姿をからかわれる内容が問題視された。

朝の出勤時に女性Aと上司が会社の入り口辺りで一緒になった際、上司がAの顔を見て「なんか顔、疲れてんなぁ。残業?」と言い、Aが「いやぁ、普通に寝ましたけど」と返答。それを聞いた上司は「寝てそれ? ハッハハハ!」と高笑い。エントランスに入ると、別の女性Bが登場。上司が「おお、髪切った?」と声をかけると、「ああ、これ巻いただけですって」と返される。上司は「やっぱかわいいなぁ、あの子」。Aが「そうですね、いい子だし」と同調すると、上司は「大丈夫だよ。Aとは需要が違うんだから」と気休めを言って立ち去る。

そして、次のカットで以下の説明文が示される。

【需要】じゅ・よう 求められること。この場合、「単なる仕事仲間」であり、「職場の華」ではないという揶揄(やゆ)。

「最近サボってた?」という反省のアナウンスとともに、「変わりたい?変わらなきゃ」というメッセージが画面一杯に表示される。

これらのCMがネットで炎上してしまった背景にあるのは、固定観念に基づく時代錯誤なロールモデルを多かれ少なかれ「実人生」で強要されているにもかかわらず、まるで念押しのようにテレビやウェブ上での「物語の様式を借りた広告」で再度そのイメージが拡散されることへの憤りだ。

何もかもが〈自分のせい=自己責任〉とされる「選択と責任の個人化」という時代状況においては、1つのCMが以前から蓄積されてきた社会への不満に対する「追い打ち」に思えたり、「自分が嘲笑され、辱められている」ように感じられたりしてもまったく不思議ではない。

これはすでにわたしたちが被害妄想を抱きやすい心理状態にあるということでもある。また、企業には必ず消費者からのクレームを受け付ける窓口があるため、行動を形にしやすいということも見逃せない。感情に促されるままに企業のソーシャルメディアアカウントや、メール、投稿フォームなどに直接抗議しやすい点――指先を動かせばものの数分で完結する「敷居の低さ」――も重要な要素といえるだろう。

CMの炎上に背景には企業への苦情申し入れに対する「敷居の低さ」があるが、仮に、動画の削除や謝罪の引き出しというバッシングそのものが目的化してしまうと、社会全体から見た場合に好ましくない副作用を生み出す可能性がある。

現在のようなジェンダー・ギャップ(世界経済フォーラムによれば、世界149カ国のうち日本は110位)を作り出している社会構造の片隅で、特定の消費者に向けて制作された「映像作品」に攻撃が集中する一方で、そもそもの問題の根源にある社会構造自体への本質的な批判は素通りされやすくなるのだ。

だが、最も厄介なのは、「表層のバッシング」が社会的に認知されることによって、社会の上層にいて決定権を持つ人々、企業でいうところのマネジメント層の「時代の空気」への「表面上の迎合」が巧妙化することである。

本心ではまったく共感はしてはいないが、「たたかれるリスク」という部分だけ学習して、組織や宣伝手法の「見栄えさえ整えれば」問題ないと考える。そうすると、例えば「企業内における男女の賃金や処遇の格差」などを残存させたまま、「女性が活躍できる企業」「女性に寄り添った新商品」などの外面にだけ注力するようになる。

つまり、時流に合わせた「口当たりのよい美辞麗句やイメージ」でコーティングしとけば、現実の世の中や自社の職場を「変えなくても問題はない」とする、周到に構築された「金環食的な社会」が強化されることが懸念される。

先日、労働関係の街頭相談会である相談員から次のようの話を聞いた。

「本当に炎上させなければならないのは、『ネット上で可視化されないミクロな物語』だ」

職場では様々な女性が日々不利益を被っている。経営者団体や企業は、何ら解決していない「昭和の亡霊」の代表格である男女格差の問題が「大炎上」することこそを恐れているが、消費者の声に過ぎない「表層のバッシング」に終始している限りは痛くもかゆくもない。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000001-withnews-sci&p=4

CM炎上問題 本質!炎上した動画集を見たネットの反応

 

スポンサーリンク



 

CM炎上問題 本質 おわりに

時代背景とか言っていますが、そんな事は別に関係なくていつの時代でも注目されることでは無くてどうすればそのCMを見た人にうちの会社のサービスや商品を知ってもらい利用してもらえるのだろうか??

この一点だけを考えればこんなクソみたいなCMは生まれることは無いと思います。

企業はもっとその会社の良さをアピールできるCMを作って欲しい。

こちらの記事もよく読まれています!

黄金のトイレ 盗難の真相は?犯人は捕まった?ネットの反応は?

メンタリストDaiGo 激怒の理由は?マスコミやテレビ局を猛批判!

ゆきぽよ ショートカット姿のインスタ画像は?みやぞんとは順調?

島崎遥香 焼き肉店のバイト先の場所はどこ?働く理由は?

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました