ドラえもん 新作映画 続く理由!作者の死後に見つかったメモとは?

ニュース速報
スポンサーリンク

ドラえもん 新作映画 続く理由はいったい何なのでしょうか?

確かに新しいシリーズとして毎年作られていますよね。

そのヒントは作者の死後に見つかったメモにあるようです。

世間の反響は?

詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ドラえもん 新作映画 続く理由!

原作者が死去したのは1996年ですからそのときに映画も終了してもおかしくは無かったはずです。

しかしそれを支えていたのは最初から最後までアシスタントとしてそばにいたむぎわらしんたろう先生の存在のおかげだというのです。

この方が藤子不二雄の魂を受け継ぎ、さらにそのむぎわら氏の対談をした今の映画を作る辻村深月さんなどが意思を引き継いで今も映画が続いていると思うとぐっとくるものがありますね。

スポンサーリンク

ドラえもん 作者の死後に見つかったメモとは?

 当初、むぎわら先生は『のび太のねじ巻き都市冒険記』はこれで終了だと思っていたそうです。しかし、その時、藤子・F・不二雄先生の自宅から見つかった第3話の下絵のラフとアイディアメモが見つかったのです。意識がなくなる直前まで描かれていたその下絵を前に、むぎわら先生は「ドラえもんは終わらせない」と決意したのでした。

『のび太の月面探査機』(2019年)の脚本を担当した辻村深月先生は、対談でむぎわら先生の当時の話を聞き「大長編ドラえもんは毎年あるのが当たり前じゃない」「子供たちに楽しんでほしいという思いで今年もどうにか、とつないできた歴史」「みんなが大事につないできたバトン」と語っています。

また、大長編シリーズを立ち上げ、「コロコロコミック」第三代編集長を務めた平山隆氏も、後の取材で映画の完成後、劇場で多くの観客を見て「やはりみんな、大長編と映画を楽しみにしているのだ、と思いました。私たちが続けていくことで、『ドラえもん』は、藤子・F・不二雄は永遠に生き続ける」とプロジェクトの継続を決意したそうです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00010001-magmix-ent&p=2

 

スポンサーリンク

ドラえもん 新作映画 続く理由!世間の反響は?

♦親子3代で楽しめる少ない作品だと思います。親世代が知らない映画より知っている映画の方が連れていきますく、いまはこんな感じなんだと昔と比べながらみれて、そこそこ楽しい(^^)
子供が親になり孫に見せたいアニメです

♦小さい頃から観て読んで、30年以上経った今では子供達が同じようにしている。
凄く感慨深く感じる、ドラえもんの楽しさ幸福感を
子供達にま感じてもらえている。
これからも大切にドラえもんを作り続けてほしい。

♦ドラえもんは映画版含めて単行本も全集も全巻持っているけど、晩年は作品にキレがなかったのが正直な感想。
それでも作品が今まで続いているのは、先生がいい時期に亡くなって、次世代に上手くバトンタッチされているのかなと思うようにしている。

♦今年娘が幼稚園になるので30数年ぶりに作品を見直しましたが、大人なって初めて気づく藤子先生の深いメッセージもあり、改めて本当に面白くかつためになる、良作の漫画と思いました。

スポンサーリンク

ドラえもん 新作映画 続く理由!終わりに

藤子不二雄先生の熱い想いを受け継いだアシスタントがいたとは知りませんでした。

それに心動かされたたくさんのひとたちがいたと言うことで今も作品が愛されている。

これほど素晴らしいアニメ作品はコナンぐらいでしょうね。

まだまだこれからも日本国民に全員に愛される作品として生き続けてほしい。

こちらの記事もよく読まれています!

社員の時給が高い会社ランキング発表!1位はどこの企業?

モンスターエナジー 人気理由がヤバイ!レッドブルを超した!

クッピーラムネ 切実な事情とは?元々は魚のキャラだった?

コメント

タイトルとURLをコピーしました