演出 やらせ 差異の明確な違いは何?ネットの反応は?

ニュース速報
スポンサーリンク

演出 やらせ 差異の明確な違いはいったい何なのでしょうか?

演出は自ら作り上げるものであり、やらせは捏造とか話を合わせるような感じですかね?

ネットの反応はどうなのでしょうか?

詳しくお伝えしていきます!

演出 やらせ 差異の明確な違いは何?

今回の演出とやらせの差異に関する報道はこちらになります。

大学の講義で、「演出」と「やらせ」の差異を説明する時、私は、このように答えている。事実を創造するのが「演出」で、ねつ造するのが「やらせ」だと。

演出の最たる好例は、ドラマや映画、演劇などだろう。史実に基づいたものも数多くあるが、作品として仕上げていく際に、どうすれば効果的に描き、伝わるかを、脚本家、監督、制作、技術、美術、演じる俳優など、多くのプロフェッショナルがチームとなり創作する。こうして誕生した作品は、文化史に刻まれていく。

音楽にも演出は必須だ。象徴的なものは、ライブだ。音楽は普段は日常に溶け込んでいるが、ライブ会場に行くことにより、非日常へとトリップする力を得る。この他にも、アーティスト・イメージ、リリース方法、効果的なプロモーション、マネタイズの方法など、総合的な演出を行う力量も、現代のプロデューサーには求められる。

これに対し、報道には「演出」という概念はない。ただ、真実は1つだが、解釈は無数にある。同じ事象でも、視座や立場によっては、是にもなり、非にもなることは、日々の暮らしの中でもよくあることだ。だからこそ、特にニュースやドキュメンタリーには、複眼的な視座が必要なのだ。

番組の立ち上げも同じだ。当初段階では、何より、「アイディア」と「情熱」が不可欠だ。アクションしなければ、リアクションは返ってこない。何度も試行錯誤を重ね、「運」と「縁」を得て形に出来るのは、ほんの一握り。多くは没になり、レギュラー化されるのは、数えるほどしかない。

テレビ番組でよく話題になる「やらせ」は、「演出」とは似て非なるものだ。それまで、そこになかったものを創出してしまうという点では、外形的には似ているかもしれない。しかしながら、事実を実証するために不正確な素材やナレーション等を用いることは、信用を瞬時に喪失させる、いわば「1を0にする」行為だ。

もしそれを「演出」だと勘違いする放送人がいるなら、一刻も早く、職を変えるべきだ。演出家には向いていないのだから。

「通信=communications」が急速に発達し、「放送=broadcasting」は、「発見」から「確認」へと、主な役割を変えようとしている。しかし、放送は、依然として大きな力を持っている。演出力を発揮すれば、視聴者が感動的な新発見をする番組が、これからもたくさん生み出されると、私は思っている。「デジャヴ」と「ジャメヴュ」、つまり、日常にある「既視感」と「未視感」を見つけることができる眼力が、演出力の根源だろう。ヒントは、リアルかサイバーかどちらのワールドかを問わず、時間と空間の中にある。それらを見出せる感性がなくなった時、私は演出という仕事を辞めようと考えている

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00080108-exp-musi

今回の報道をまとめていきますと・・・・

  • やらせは演出とは似ていて異なるもの。事実を実証するために不正確な素材やナレーション等を用いることは、信用を瞬時に喪失させる、いわば「1を0にする」行為
  • 「演出」と「やらせ」の差異を説明する時、私は、このように答えている。事実を創造するのが「演出」で、ねつ造するのが「やらせ」である。
  • 「演出」とは、言い換えれば、「0を1にする」ことだ。才能を持ち、なおかつ鍛錬を重ねた、適性がある人しかできないものである。

紙一重ですがそこに完全に違うものがあるんですよね。

昨今のテレビ業界ではやらせが横行しているとも聞きますので、

演出を常に磨いて誰もが面白いと思える最高の番組を作って欲しいですね。

スポンサーリンク



 

演出 やらせ 動画

演出 やらせ 差異の明確な違いは何?ネットの反応は?

世の中には演出があるし、 それはやらせともとれるし、 完全に真実を語れる事なんて、 それこそ切り取る以上作品には不可能なのかもしれないけど。 僕の関わったものを見て、もっと深いところが知りたいって思って貰えた時に、 がっかりさせちゃうような作品は、 つくっちゃダメだよなって思います。

最近、テレビのやらせ云々の問題が多いけど。報道でやらせとかやられたら問題だけどさ。バラエティだとさ、当事者がいうのは分かるけど外野には何の関係も無いし、文句言う必要ある? とは思う。 最もそう言う演出をするならそれ相応に効果があること(面白いこと)が求められるのは当然だけど
にしても、いろいろな制約のあるロシアバレエの現場でこの番組ってすごい。あちらの宣伝意欲とこちらの出すお金が折り合った?のかどうか? やらせ演出なんてできないロシアバレエ。コーチ陣のダメ出しあったら即!出入り禁止だと思う。テレビ的な演出もできない(ふつーはそれがドキュメンタリー)
バラエティ番組は始めに「当番組は一部に演出としてのやらせを含みます」ってテロップ出して、好き放題やればいいと思います。

演出 やらせ 差異 おわりに

今回は演出とやらせの差異についてまとめていきました。

明確な違いはありますが、テレビのヤラセ問題は昔から無くなりませんので、

上層部からの圧力などで視聴率を取るためにも暗黙の了解的な部分もあるのでしょう。

まあこんなことをしていればテレビ離れはさらに加速するでしょうね。

 

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました