五味太郎 メッセージが深い!不安定に向き合う考え方!ネットの反応は?

男性有名人
スポンサーリンク

五味太郎 メッセージが深いと話題になっています。

コロナ前に居心地はよかった?など逆質問するなどかなり鋭い質問やメッセージをつ立てています。

不安定に向き合う考え方やネットの反応はどうなのでしょうか?

詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

五味太郎 メッセージ

五味太郎さんへのインタビューからの内容です。

コロナで大人がずっと不安定でギスギスおどおどしたり子どもも居心地が悪いなか

何か子ども達にとどけられないか?伺うと

一緒に考えましょう。それでまずは聞くけど逆にコロナ渦の前は安定していた?居心地はよかった?

これは誰もがハッとさせられる言葉だと思います。普段から人は不安定な気持ちを少なくとも抱えて生きています。そしてその不安定な心も無いと安定ばかりだとダメだと誰もが知っていることです。

今のこの時期こそ自分で考える頭と時折きちんとサボれる身体必要。

戦後は丈夫な体が良いと言われたけど、それは働かされる体。

賢い頭はうまく世の中と付き合い過ぎちゃう頭でキリがなくなる

と五味さんは話します。

やはり心と体のバランスはとても大切だという事。そしてたまには力をぬいて休みながら自分を客観的に見ることが大切なのでしょう。

五味太郎さんの仕事の変化

行く予定だったイタリアやメキシコのブックフェアは中止でいけなくなった。楽しみにしていた野球の大会も公園が封鎖されてできなくなった。けど今はテレワークはいつも自分はやっていることです。こうやってどんどんいい具合に広がって行けば会社に行かなくても仕事はできる企業が増えると思う。など話しています。

そして

いまは、ある意味、本当に考える時期。今回、うちにいたくないから職場に行くってやつが結構多いというのもわかったけど(笑)、それならその家の状況ってどうなのとか、考えるよね。

働き方も国会も学校も、色んなことの本質が露呈されちゃってる。五輪の延期も、オリンピックより人の命って結構大事なんだなとやっと再確認したんだろうし(笑)、優先順位がはっきりしてくる。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000004-withnews-soci&p=2

確かに人の命が無ければ何も意味がなくなってしまいます。

人がいなくなれば今の文明社会も崩壊し人類は滅亡するでしょう。

そうならないためにも優先順位をしっかりと守ることが大切なんだと伝えたいんだと思います。

金融ばかりの話で嫌になる

五味太郎さんは感染者が何人や株価がどうとかグラフなどみてもよくわからないし嫌になると話しています。

グローバルと言っても結局はお金でグローバルしていただけの話。

心でグローバルしていたんじゃないんだなと思った。

世界の全体像は誰にも分からない。乗り越えていくというよりも前より良くしていくべき。

子どもにもチャンスだぞと言いたい。

ある意味今は枠組みが外れているから本当は何がしたいのか?自分の心と話しやすい。

時間も余っているからこそ一人一人が自分の人生と話すべきなのでしょうね。

深く重みのある言葉で本質を掴んでいる感じがします。

 

子どもに失礼な学校や社会についてのメッセージ

五味さんは学校の問題や規則などにもメッセージを残しています。

一斉休校が突然知らされたけど早く元に戻ればいいと言うけれど戻ったあとは充実していた?と問いたいです。子どもに失礼な学校や社会に戻すことだよ。

どんなにまずい寿司屋でも…

ーー子どもに失礼、というのは?

たとえば義務教育って言うけど、子どもにとっては教育って義務じゃなく「権利」だと憲法に書いてある。

でも、6歳になったら必ず小学校に行く、他に選択肢がないんだもの。しかも(公立なら)学校も先生も選べない。どんなにまずくても、○丁目の人は全員この寿司屋しか行っちゃだめと決められているようなもの。

僕の娘は2人とも途中で学校に行くのをやめたけど、学校というタイプに向いてる子と向いてない子、あるいはどっちでもいい子がいる。

おれは初等教育のプログラムって、ほとんどが「大きなお世話」だと思う。人格形成とか学習能力とか……。もちろん、誰も悪意でやってるわけじゃないんだけど、全員座ってじっと先生の話を聞くって、子どもの体質には合ってない。そこで栄養がとれて健康が管理できれば十分だと思うし、やりたいこと・わからないことがあったら聞ければいいと思うから。

我道を行く五味太郎さん。やはり鋭い言葉が多く持論を展開していますね。

確かに世間の人々は結局は社会にコントロールされていることが多いのかも知れません。

自分のためにどう生きるか?そう考えたとき人は本当に意味で変われるのでしょう。

五味太郎さん素晴らしいメッセージありがとうございます。

 

スポンサーリンク

五味太郎 メッセージを知ったネットの反応

最近ずっと感じていたモヤモヤ感を正に言い当てていただいた感じです。子供達が家に居るだけでもう限界になる人達。家にいてと言われているのに不要不急に何かと理由をつけて出歩く人たち。元々あるアジア人差別をウィルスを理由に声高にする人達。テレビやネットでちょっと騒がれると薬や食品を買い占める人達。密接を避けろと言われているのに買い占めるために行列を成す人達。なのにSNSでは一体感を醸す人達。

五味太郎さんの言葉、救われます。
うちには中学生の子どもと小学校不登校4年目のの子ども2人いて、コロナの数年前から不安定は散々経験して乗り越えたので、今回のコロナなんて通常運転です。
今までと変わった事は、中学生の子の進路に通信制高校が浮上してした。
オンラインで勉強できて、好きな事に時間が使えて、何なら仕事も出来る。
これからの社会に合ってると思う。

コロナで自由な外出を奪われた。早く戻りたい。って思ってました。
五味さんの話を聞いて、そうだなー。別に戻ったところでまた慌ただしい心の余裕のない毎日に戻るだけか。と気づかされました。旦那がテレワークの今、家族団欒の時間もありみんな心に余裕があるから子供にも優しくできる。
これを機に、自分が本当にやりたいこと、これからどうするべきかを考える時間に充てたいです。
もちろん、感染しないよう気をつけることを前提に。

今はまず批判できるとわかれば、日々の不満をぶちまけ他者や社会のせいにする。
子供が家にいると相手するのが疲れる、食事が大変。休校が長引くと、再開する地域との学力の格差が生まれると言い出す。1〜10まで他者や社会のせい。
昔の親もいろんな人がいたが、子どもの責任について各家庭の考えがあり、それについて自負があった。
子どもや社会に出てない若い子が「大人も外に出てる」と言ってるが、大人と子どもは違うんだよ。それも言えない保護者。一般常識を教えるいい機会と捉えてほしい。

騒ぐことはないと思ってしまいます。
不要不急以外はいけにいてというなら、
世の中共存ですから協力すればいいし、
家にいればいい。在宅だってそれはいい。
通勤でいかに体が疲れていたかわかりましたし、子供の勉強だって命があるからこそ。
家で夫婦だけになって辛いのならその夫婦関係をごまかしてた本当の気持ちに向き合えったらいいと思います。

スポンサーリンク

五味太郎 メッセージ おわりに

今回が五味太郎さんのメッセージについてお伝えしていきました。

コロナの渦をしっかりと自分の言葉で語っていて深いですね。

一人一人がコロナが流行する以前の生活でどう生きるか?改めて色々と考えさせてくれる言葉でした。

これからもすてきな絵本書いてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました