高校野球 判定変更 意義の真相は?判定が覆った動画はこちら!

スポーツ
スポンサーリンク

高校野球 判定変更 意義とはいったいどんな判定は覆ったのでしょうか?

判定が覆った動画も紹介します。

しかし高校野球で今まで判定を変更したことはあまり聞いたことがありませんのでこの件で変革を起こしてくれるといいですね。

また今回のニュースの世間の反応どういったものなのでしょうか?

今回の記事では高校野球の判定変更意義について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク



 

高校野球 判定変更 意義 判定が覆った動画はこちら!

出典:http://baseball-matome18.com/

 

 

 

審判たちもよくやったと言いたいですね!

いつも誤審で叩かれていますからこうやって怪しいときはしっかりと審議をしてほしいですね。

まあ時間が押してしまうとは思いますがそれよりも公正でフェアなプレイが一番ですからね。

だれもが不平等ではないやはり性格無比な機械やAIを使った判定をするのが一番だとおもいますけどね。

伝統とかあるのかも知れませんがそんなことよりも今までたくさんの高校球児が悔しい思いをしたこともある誤審をなくすほうが大事だと思いますね。

高校野球 判定変更 意義の真相は?判定が覆ったことに対するツイート

高校野球 判定変更 意義の詳細

今回の判定変更は高校野球の甲子園野球においてかなり前例の無い歴史的事件と言ってもいいくらいの判定変更でした!

試合は16日の明石商対宇部鴻城での試合で起きました。

それはアウトの判定がセーフに変わるというものでした!

内容は以下のとおりです。

 場面は2-2で迎えた延長10回裏無死一塁。明石商の岡田光がバントを試みたが、これが投手の正面へのゴロとなった。エースの左腕、池村健太郎は打球を処理すると素早く二塁へボールを送った。タイミングはアウト。だが、ワンバウンドになったボールは二塁をカバーしたショートの古川胤志のグラブの先をかすめてこぼれ、太ももの下にはさまれる形で止まった。一瞬、アウトと考えた古川がボールの入っていないグラブを上げてアピール。

そこがちょうど“死角”になっていたため、塁審は、完全捕球後にボールがこぼれたと判断してアウトの判定を下した。だが、一連のプレーを見ていた戸塚球審が、判定を問題視、即座にバックネットに設置してある電話で、試合をチェックしている審判委員と連絡を取って捕球をしていなかったことを確認した上で4人の審判を集めて協議、判定を「セーフ」と覆した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00010000-wordleafs-base

いや明石商としては九死に一生を得る形でしたね!

この判定がなければ確実に負けたいたとも言えますね。

明石商は嬉しいですが相手側は最悪の形で幕を下ろすことになりましたね。

これがそのままアウトのままなら完全に誤審ですからそれで明石商が負けていたと考えると批判が殺到するのは間違いないでしょうね。

こういう厳正な審査を増やすかもっと機械の導入を検討してほしいですね!

プロ野球ではリクエスト制度と呼ばれるリプレイ検証がされているのでボールやストライク意外の誤審はほぼ無いですからね!

こういうのが増えてくれるとファンとしても気持ちよく高校野球が見られますね!

 

スポンサーリンク



 

高校野球 判定変更 意義の真相は?判定が覆った動画を見たネットの反応は?

今回の件はお見事!と思いました。
一度下したジャッジは覆せないという聖域を破った点で、その勇気にも敬意を表します。
二塁塁審のみが見えにくい場面で、タイミングがアウトだっただけに致し方のないジャッジだったと思いますが、主審と一塁塁審からはこぼれている事実が見えていたため、判定が覆りました。
担当の塁審がメインジャッジをするのは当然ですが、他の審判がファクトを確認できたのなら、ぜひ今後も協議の結果、覆すことがあっても良いと思います。

 

たとえ目上の者であろうが、黒は黒とはっきり指摘してあげるのが誠意というものであろう。審判を喧嘩腰で避難するのはよくないが、ちゃんと制度として再審を求められる制度を作るべきではないか。

 

労使の関係だって本来は対等であるべきだし、選挙だって一人一票が原則。学問の世界だって、誰の説かではなく、説が合理的かどうかが最も重要なのだ。
高校野球を教育と考えるならば、審判や高野連も、過ちは正す、過ちを指摘されたら素直に受け入れるという姿勢を見せてこそ、大人として良い手本を示せていると言えるだろう。

 

生中継で試合を見ていた。
高校野球で「アウト」を「セーフ」に変更した判定は初めて見た。
審判の判断を強く支持する。

しかし、そもそも論だが、あのベースカバーに入った宇部鴻城のショートは明らかに「確信犯」的行為だった。

一度でも野球をやったことがあれば、グラブにボールが入っているかどうかは感覚でわかる。 本人が「入っていると勘違いした」などということは絶対にない。

また、審判にグラブを高々と掲げて見せたシーンを見たときに、「アウト」とコールされていたが、グラブがつぶれ過ぎていたため「あれ本当にボールが入っているのか?」とその瞬間に感じた。

もちろん、試合に勝ちたい。チームを少しでも有利にしたい。というのは人情なのだろうが、ショートの行為が私には後味が悪く残った。

 

 

 

 

高校野球 判定変更 意義のまとめ

 

maruru
maruru

今回は高校野球の判定変更の意義をまとめていきました。

この歴史的な判定変更によってたくさんの誤審を今後撲滅と機械の導入をしてほしいですね!

そうすることで高校球児も気持ちよくプレーできますからね。

 

 

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました