井ノ原快彦 居場所の真相は?小学校で全員無視がヤバい!

男性有名人
スポンサーリンク

井ノ原快彦 居場所についてアド街で語ったそうです。

なんとその話の中で小学校で全員に無視されたようです。

恐ろしい話ですね。

そんな状態であるにもかかわらずここまで超人気アイドルと俳優になれたのはなぜなのでしょうか?

ネットの反応はどうなのか気になります。

今回の記事では井ノ原快彦の居場所についてまとめてお伝えしていきます。

井ノ原快彦 居場所の真相

こちらが今回の報道内容です。

ジャニーズ事務所の人気グループ「V6」のメンバーとして歌い、踊り、俳優や司会者としても大活躍する井ノ原快彦さん(43)は、小学生のころ、クラスメート全員に無視されたことがありました。放課後、家に帰って読むまんがや曲作りが心の居場所だったあのころの経験が、今につながっているそうです。(聞き手 朝日新聞大阪社会部記者・松尾由紀)

品川の大きな団地で育ちました。やんちゃな面もあったんでしょうね。調子にのっていたら仲が良かった友達から無視されるようになって。そのうちその友達だけじゃなくてクラスのみんなに無視された、という時期がありました。小学4年生のころです。

あのころの居場所、というより逃げ場は団地の自分の家でした。学校から帰ったら「北斗の拳」や「コボちゃん」の漫画をぼろぼろになるまで読んで、楽器なんてなにもできないのに、曲作って。逃げるって大切です。悩むより、アニメでもゲームでもいいから逃げ込めるものがあった方が楽しいでしょう。好きなことをした方がいいです。

そもそも、学校っていう大人の決めたルールばかりの場所が好きではありませんでした。宿題なんてこの世からなくなればいいと思っていたし、夏休みの宿題をちゃんとやったこと、一度もなかったんじゃないかな。

勉強は学校じゃなくてもできる

高校は、歌やお芝居をもっとやりたくて途中でやめました。でも、20歳代後半になって、通信制の高校に入り直したんです。理由は、勉強したかったから。今したいな、と思ったんです。仕事が終わってから寝ないでリポートを書いたり、10歳くらい下の友達ができたり。勉強するということを楽しみました。

今、何かの理由で学校に行けない子もいますよね。でも、今じゃなくても、学校に行けるし、勉強することもできます。留年したり大学に行かなかったり、といったことに対して厳しい目もある一方で、勉強したい人を受け入れてくれる社会です。

それに勉強って学校でするものとは限らない。社会でだってできます。僕は学校で学んだ以上のものをジャニーズに入って学んだと思っています。

されて嫌だったから、無視はしない

子どものころ、無視されて嫌だったという経験があるから、人を無視することはしません。無視するくらいなら言いにくいことでも言います。おせっかいかな、とも思うんだけど、友達は「愛情だと思う」って言ってくれました。言って嫌われるリスクもあるのに、と。逆に人からなにか言われた時にも、愛情だと思うようにしています。

あの経験が今の僕に少し、いかされています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

クラス全員が無視とか考えられないですね。

しかしイノッチさんがいじめれていた理由は調子に乗っていたと言っていますがそれだけでは無いでしょうね。

きっとアイドルになったり忙しかったりして周りから妬まれてしまった部分も少なからずありそうです。

素晴らしいのは高校を一回辞めたのにまた勉強がしたくなって通信制の高校に入り直すのがイノッチさんらしいなと思ってしまいました。

しかしこのいじめのおかげでアイドルやお芝居などの居場所を見つけることが出来たのですからさすがとしか言いようがありません。

このイノッチさんの言葉が今悩んでいる子どもたちに届いてくれると良いです。

井ノ原快彦 高校はどこ?

井ノ原快彦さんが通っていた高校はどこなのでしょうか?

最初に言っていた高校は東海大学付属望星高等学校通信高校だそうです。

こちらは記事中にもありましたとおり中退してしまい、そのご再び入りなおした高校が科学技術学園高等学校です。

井ノ原快彦 関連画像やツイート

きっといじめたことは忘れて同じクラスの自慢などしていることでしょう。

本当にいじめるやつは最低ですね。

いじめられる側にはなんの理由も普通に考えてありませんから、だいたいは気に食わないとかふざけんなとかあいまいな感情でいじめることばかりです。

井ノ原快彦 動画

 

井ノ原快彦 居場所の真相を知ったネットの反応

イノッチはファンじゃない人とかにも挨拶してて、びっくりした。
まだジュニアだった頃に出待ちとかしてるファンの子に時間だから手紙は受け取らないときちんと説明していて本当に優しい人なんだと驚いた。
当時、ジュニア全盛期でイノッチよりも年下の子たちがファンの子にウルセー!とか怒鳴ったり無視したりしてるのを見てたから、この人はファンを大事にしてるな…と、感動した。
この記事を読んで、納得しました!

 

 

仲間外れ、無視、いじめ・・・
これらの経験を体験したり、観たりすることは誰でもあると思います。
運よく経験しないまま大人になり経験してしまうと大変深刻な精神疾患を招く確率が高いためはしかとは異なりますが免疫的な強さは子どもの頃に作れるなら後の人生にとってやさしさと強さを兼ね備えることができる気がします。

学校の先生や近くの大人が見守っていてくれたら良いのですが加害者側の人間はその大人たちがいないところで行う。

 

 

井ノ原快彦 居場所のまとめ

 

maruru
maruru

今回は井ノ原快彦さんの居場所についてまとめていきました。

それにしてもこのいじめの体験によって自分の今の居場所を作るきっかけになるとはびっくりですね。

今はこうやって話せますがその当時はまちがいなく辛かったのでしょうね。

これからも素敵な笑顔のいのっちさんの活躍を期待しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました