格安チケット店 嘆きとは?コロナの影響で回数券も売れず大ピンチ!

ニュース速報
スポンサーリンク

格安チケット店 嘆きが話題になっていますね。

コロナの影響で回数券も売れなかったりほかの券も売れずかなりの大ピンチみたいです。

まあ確かに自粛でどこにも行かない人が増えていますからそうなりますよね。。

ネットの反応はどうでしょうか?

詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

格安チケット店 嘆きの詳細

格安チケット店の嘆きについてはこちらです。

鉄道などを使わない人も多くかなりの大ピンチみたいですね。

チケット店が複数入る大阪駅前第3ビル(大阪市北区)の「K―NET」では、新幹線回数券の3月の売上高が前年比8割減に落ち込んだ。多いときで1日100枚程度を販売していたが、最近は10枚ほどに減少。1枚しか売れない日もあるという。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000014-asahi-ind

100枚売れたのがまさかの1枚しか売れない日があるのは完全にヤバい状況ですね。

普通に考えて店をたたむしかないくらいレベルだと思います。

コロナもいつ収束するのか見えないですから余計にもどかしいですね。

チケット事態が売れないですからこれでは新しい事をしないかぎり厳しいと思います。

格安チケットの売上減の理由は?

格安チケットの売上が下がった理由は

鉄道理由が減った事が一番のようです。なぜかというと、

 業者や一般客から回数券を安く仕入れ、バラ売りして利ざやを稼いでいる。他の金券よりも利益率が高い「もうけ頭」だけに影響は大きいという。

回数券は利益率が高いんですね。

お店ではすでに数百万円もの在庫を抱えている状況であり、値引きしても売れないようです。

これが続けば閉店するチケット店も淘汰される恐れがあります。

なんとかして頑張ってもらいたいところです。

 

スポンサーリンク

格安チケット店 嘆きを知ったネットの反応

期限がきちゃうと無価値になってしまうからね。買い取り値見てると結構薄利だから、売れ残っちゃうと相当きついかも。 今新幹線や特急で移動するなら、まず金券屋を覗いてからがいいのね

普段気付かないけど、どんな業種がどんな形で儲けてるのかよくわかる。そして「平時」のありがたさも。

期限のある鉄道のチケットは無効にならないうちに、安く売り捌くより、鉄道会社で払い戻しをしてもらった方が被害少なくて済みませんかね? もう値段を下げたところで、買う人がいないでしょう。

仕入れた回数券や優待券等を右から左へ売るだけで儲けていたんだから、こんなときも有るでしょう、今の時期に積極的な新幹線とか他の電車で出掛けようとは思わないし。

そういえば期限はないが旅行券かなり持っていたの思い出した
いかにも売れなさそうで自身も旅行なんてこのご時勢いけないが
このままいくと大手旅行会社も倒産のリスクがあるから紙切れになる覚悟も必要だね・・・

昼特切符が無くなって、ただでさえ打撃なのに。ただ、ビジネスモデルとしては、厳しいと思う。企業が経費で落とした方が、法人税との関係であえて余分に購入したものを割り引いて売っているものを買っているわけだから。

スポンサーリンク

格安チケット店 嘆き おわりに

今回は格安チケット店の嘆きについてまとめていきました。

どこの業種もピンチではありますが、チケット店はにっちもさっちもいかないですね。

国からの支援があればなんとかなりそうですが、なんとか対策もしていかなければいけないかと思います。

関連

こちらの記事もよく読まれています!

通天閣 営業継続 理由は何?地元住民の思いや取引先手助けが素敵!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました