唐沢寿明 山口智子 終活の真相!実家を二人共売却した狙いは何?

結婚シーン女性有名人
スポンサーリンク

唐沢寿明 山口智子 終活の真相が明らかとなり話題になっています。

実家を二人共売却した狙いは何なのでしょうか?

おふたりとも母親が亡くなったのもあるようですが。。

それだけでは無いような気がします。

ネットの反応は?

詳しくお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

唐沢寿明 山口智子 終活の真相!

お二人の終活の真相ですがなんと実家を売却していたようです。

その売却した理由としては唐沢さんは・・

「山口さんと唐沢さんが、相次いで実家を整理したのは、いわゆる“終活”の一環だと聞いています」(前出・唐沢家の知人)

唐沢・山口夫妻は、50代を迎えるころから終活を始めていたのだ。’14年に出演したトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、当時51歳だった唐沢はこう語っていた。

「若いころは健康だし、死をあんまり身近に感じてこなかったじゃない? でも夫婦でそういうことを話したりするようになったね。お互いにどっちかがどうなっちゃったらどうしようとか。おれ、(妻の山口に)遺言書かされているから」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200414-00010003-jisin-ent

お二人の母親はすでに逝去しているのでそれもあって売却をしたのも理由の1つでしょうね。

お二人がいなくなった後の管理ができなくなるのが一番の理由なのでしょう。

気が早いですが遺言まで書いているとは終活の準備は万全のようですね。

スポンサーリンク

唐沢寿明 山口智子 の終活は墓問題にも発展!

またお二人はお墓の話も済んでいる様子で、唐沢さんは一緒に同じ墓に入ると言っているようですが妻の山口さんは遺骨を散骨してほしいと拒否しているようでこれに対して

唐沢さんは愕然としたそうです。

このあたりは価値観の違いですから仕方ないですね。

山口さんの希望を考慮してあげたほうが良い気がします。

唐沢寿明 山口智子 二人の老後は?

山口さんは二人の老後についてある脚本家にこうはなしたようです。

「ずっと甘えよう、頼ろうとかじゃなくて、(唐沢を)愛しているからこそ、(老後も)あの人には迷惑かけたくない。私も自分のことは自分でやるし、彼もそう思っていると思うの」

愛があるからこそこのような迷惑をかけないでという思いやりがあるのでしょう。

ここまでやる必要は無いかも知れませんがある程度は年齢が高くなったら終活を初めておいた方が良いですね。

スポンサーリンク

唐沢寿明 山口智子 関連動画

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=jk5tgzUQE2E

スポンサーリンク

唐沢寿明 山口智子 終活を知ったネットの反応

いい夫婦だな。
この夫妻がどうして子供を作らなかったのか分からないけど、私は子供を望むのが難しい。だけどこの二人見てたらたとえ子供に恵まれなくても、それは決して不幸なことじゃないんだなって思える。
夫と永遠に愛し合って過ごせるんじゃないかって自信になる。
ありがとう。

唐沢さん、山口さんご夫婦は、夫婦とはこうあるべきだ、という素晴らしい家族の一つの形態を見せてくださっていると思います。お二人の発言を聞くと、お互いへの愛情がそこかしこに感じられる。
もはや、子供がいるいないなどという問題は超越しており、人はこう生きるべきた、ということを示してくれてると思います。

この夫婦は本当に最高!
素敵過ぎる。
しかし、終活早いな。
終活を50歳でしているなんて。
終活を目の当たりにしたのは、80歳過ぎた親戚、80過ぎから終活して96歳で亡くなった。
いつも遺言書を毎年弁護士さんと書き直ししていた。
毎年改訂版になっていて。
資産価値も変わるし、考えも変わるし。

私は主人とは仲良しですが幼少期から両親が不仲で辛い思いをしてきたので、子供が欲しいと思ったことがありません。
しかし大抵は子供がいない=欲しいけど授からなかったって思われます。説明するのも面倒臭いので、そうなんですよ〜って言って流しています。そこを主張した山口智子は好感持てます。

本当に素晴らしい夫婦像です!世の結婚している夫婦は羨むかも知れません。

二人を見ていると本来の愛の形が良く分かります。これからもすてきな夫婦でいてください。

スポンサーリンク

唐沢寿明 山口智子 終活 おわりに

今回は唐沢寿明と山口智子さんの終活についてまとめていきました。

お二人の老後をしっかりと考える価値観は本当に素晴らしいと思います。

何より二人の結婚生活が愛に溢れていてしかもまったく嫌味がないナチュラルな感じですから本当に素敵ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました