小泉環境相 ステーキ 批判!なぜ問題?知らなければヤバい!

ニュース速報
スポンサーリンク

小泉環境相 ステーキ 批判が殺到しています!

なぜステーキを食べた事が問題なのでしょうか?

実はこの牛肉食べる事が地球にとっても環境にとっても誰もが知らなければ大変ヤバいことです。

ネットの反応はどうなのでしょうか?

それでは詳しくお伝えしていきます!

小泉環境相 ステーキ 批判の詳細

今回の小泉環境相のステーキ批判に対する報道内容はこちらです。

ステーキを食べ終えてご満悦な様子をオフィシャルブログ動画で公開した進次郎

 やっぱりこいつは救いようのないバカだった。小泉進次郎環境相が国連気候行動サミットに出席するためアメリカ・ニューヨークに入ったが、そこで驚きの行動に出たのだ。

 TBSニュースによると、「毎日でもステーキが食べたい」と語っていたという小泉環境相はニューヨークに着くと「ステーキが食べたい」と話し、さっそくステーキ店に入店したというのだ。

 これはなにも「外遊先で『ステーキ食べたい』ってお気楽なもんだな」などとツッコみたいわけではない。地球温暖化対策を議論する「国連気候行動サミット」に出席する環境大臣がステーキを食すというのは、はっきり言って正気の沙汰ではないからだ。

というのも、畜産業は地球温暖化の原因となっている温室効果ガスを大きな割合で排出しており、2013年には国連食糧農業機関が温室効果ガスの14.5%が畜産業に由来していると公表。とりわけ牛は米国科学アカデミー紀要(PNAS)が2014年に公表した研究でも〈1人前の牛肉を生産するために、同カロリー分の豚肉の4倍、同量の鶏肉の5倍の温室効果ガスが放出される〉とされている(ウォール・ストリート・ジャーナル8月9日付)。さらに、国際的な問題になっているブラジルのアマゾン熱帯雨林における大規模な森林火災問題も、〈火災のほとんどは、農地・牛の牧畜用地開拓を目的とする人間によって引き起こされたもので、熱帯雨林に深刻な影響を与えている〉(AFP9月22日付)と報道されている。

 このように牛肉の大量生産が地球温暖化や環境破壊を引き起こしていることから、欧米では「ミートレス」の動きが活発に。実際、小泉環境相がステーキを楽しんだニューヨーク市ではこの9月から公立学校で「ミートレス・マンデー」を実施。ビル・デブラシオ市長は「肉の消費を少しでも減らすことはニューヨークに住む人々の健康改善につながり、温室効果ガスの排出量削減にもなる」と語っている(AFP 3月12日付)。

ともかく、環境問題に関心がなくとも「牛肉は地球温暖化の大きな原因」ということは常識の話。にもかかわらず、よりにもよってこれから温暖化対策を議論しようとやってきた日本の代表である環境大臣がニューヨークで「ステーキ食べたい」と言い放ち、さっそくステーキ店に入店するって……。これは世界中に恥を晒したも同然だ。

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_litera_9922/?p=3

環境相なのにブログなどにステーキを食べたいとかバカにも程がありますねww

まあ公にしないのであれば個人的には別に食べてもいいとは思いますが、

それをこうやってアピールするのは知っていてやっていないとは思いますので無知ですね。

よく環境相になれましたねと声を大にして言いたいですね。

スポンサーリンク



 

小泉環境相 ステーキを食べた事がなぜ問題なのか?

なぜ食べた事が問題かは上の項目でも触れていますが簡単にまとめますと・・・・

  • 牛肉生産は温室効果ガスを排出する。つくられたメタンは、ゲップ、オナラとして環境中に放出される。その量は1頭につき1日160~320リットル。「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」によると、メタンは世界の温室効果ガス排出量の16パーセントをいく。
  • 牛肉生産は穀物を大量に消費する

  • 牛肉生産は水を大量に消費する小泉環境相が何グラムのステーキを食べたかはわからないが、仮に一般的なサイズとされる300グラムを食べたら、6180リットルの水を消費したことになる。東京に住む人が1日に使う水の量が約250リットルなので、25日分の量だ。

  • このことにより温暖化にも影響を与えている。

恐ろしい話ですよね。。

地球はどうなってしまうのでしょうか?

まあすべて人間が今まで好き勝手してきたせいですからそのツケを払うために今の温暖化が起きているということでしょうね。

温暖化問題はすでに歯止めは効かない状態です。

インドもあと何十年もしたら住めなくなると言われていますから

今後牛肉の値段もさらに高騰するか販売されなくなるかもしれません。。

地球のためにはすべての世界に人達が力を合わせて同じベクトルに向かって行かなければこの地球規模の環境問題は改善することが出来ないでしょう。

小泉環境相の動画

小泉環境相 ステーキ 批判のネットの反応は?

小泉進次郎が何食おうとそれは構わない。
問題は彼が
1国連気候変動サミット参加のための訪米で
2環境大臣という立場で
3牛肉料理を食すところを
4メディアで拡散した
という四重のバカを演じたこと。
ここにさらに例のバカ発言とバカ無返答が加わる。

難癖ってつけようと思えば何でもやれるんだなあという感じ。あれは小泉ステーキ食ったことよりも、それを報じた事の程度の低さが批判されてるのに。 こんなことで挙げ足とらなくても真っ当に批判出来るところだらけなやつなんだから余計な事言わないで良いのに

やかましいわ 何を食べようが自由だろ 食える環境にしてる政府や国に文句言えよ だいたい地球温暖化がそういった事による事が本当に原因なの明確な証拠を出してくれ

小泉環境相ステーキ食べたこと問題にする気は微塵も無いが、牛肉の生産が如何に環境負荷が高いは皆理解しておいた方がいい。 美味しく大事にいただきましょう!

小泉環境相 ステーキ 批判 おわりに

今回は小泉環境相のステーキ批判についてまとめました。

まあ小泉環境相がアホなのはもちろんですがそれ以上に報道に関する批判がすさまじいですね。。

確かに牛肉が温暖化を引き上げているのはわかりましたが、日本ではその問題の牛肉が手軽にどこでも食べれるわけですからどうやっても防止する方法はなんてありませんよ。

まあ世界規模でなにかしらやっていかないと何も始まらないと思います。

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました