LiLiCo 思いを明かす!養子を検討している?50歳目前に考える未来とは

女性有名人
スポンサーリンク

LiLiCo 思いがネットで注目されています。

映画コメンテーターでタレントのLiLiCoさんが、子どものことや未来について、女性セブンに明かしました。

子どもについて、LiLiCoさんはどのように考えているのでしょうか?

詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

LiLiCo 子どもは欲しい

「結婚当時は主人が46才、私が47才。晩婚だから、もう子供はつくらない夫婦なんだと思っているかたが多いと思いますが、実は私たちは結婚前から『叶うなら子供が欲しいよね』と話し合っていました」

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00000002-pseven-ent

女性は、30才を超えると妊孕力(にんようりょく=妊娠する力)が徐々に低下するとされており、40才を超えると自然妊娠のハードルはさらに上がるといわれています。

ですが、50歳を超えて出産される方も実際にいますし、可能性がゼロというわけではありません。

LiLiCoさんは「お医者さんの力を借りればあと一年はチャンスがあるはず」と、自身の妊娠について前向きに話されました。

初婚では子どもは欲しいと思わなかった

2018年4月に歌謡グループ「純烈」の小田井涼平さんとの結婚を発表されていますが、LiLICoさんは30才のときに一般男性と結婚するも、キャリアを優先して6年で離婚されています。

「初婚の際には子供を持ちたいとは思わなかったんです。私は母親から、『あんたみたいな子は私の子供じゃない』と娘であることを否定され続けて育ったので、少女時代は生きる喜びが何もありませんでした。

当然、母娘関係も最悪。自分も母と同じように母性が持てないのではないか。それが怖くて、いつも神様に『絶対に子供はいりません』とお願いしていたほどでした」

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00000002-pseven-ent

生みの親に、自分の娘であることを否定され続けるのはとても辛かったと思います。

娘であることだけでなく、自分自身を否定された気持ちになりますよね。

しかし、現在の夫である小田井さんとの出会いで、彼女の考えは180℃変わったそうです。

「主人に出会って初めて、子供が欲しいと思いました。彼が赤ちゃんを『高い高い』しているところが自然と目に浮かんだんです。本当に愛している人に出会って、子供が欲しくなる気持ちが初めてわかりました」

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00000002-pseven-ent&p=2

愛の力は凄いですね。出会っただけで、色々な気持ちも変えてしまいますからね。

小田井さんもLiLiCoさんと同じ思いで、結婚後はすぐに妊活に取り組まれました。

大好きな飲酒を控えて、苦手だっ野菜中心の食事を心がけ、痩せすぎないよう気を配る努力もしました。

ですが、なかなか妊娠はできず「子どもはいらない」とずっとお願いしていたのを神様が聞き入れてしまったのではないかと、自身を責めることもあったそうです。

80%くらい諦めている

LiLiCoさんは最近「もう子どもは諦めました」と、神様に話しているそうです。

実は神様をだまそうと思っているんです(笑い)。女性の体ってすごく面白くて、『よし妊娠するぞ』と思っていたら緊張してなかなか妊娠できない。でも『妊娠やーめた』という感じで心身ともにリラックスすると、逆に自然に妊娠できるって話をよく聞くんです。

正直に言って、80%くらいあきらめている気持ちもある。仕事も大切だし、意識のなかで子供のことを考えなくなるのも近いかもしれません。でもこうして取材を受けて子供のことを考えると、やっぱり欲しいと思ってしまう。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00000002-pseven-ent&p=3

モデルの高橋ユウさんが妊娠を発表した時、妊娠がとても素敵なことに思えて、泣いてしまったとか。

「やっぱり自分も母になりたいんだと実感した」と言い切られましたが、この先子どもがいない人生も考えていると言います。

確かに、子どもがいる人生が幸せのすべてではないですよね。

養子も視野に入れている

「“いいことしてるアピール”が嫌であまり公にしていないけれど、私は発展途上国で暮らす3人の子供の面倒を見ています。だから日本で親がどうしても見きれない子供たちがいたら、養子にして自分が面倒を見ようという気があります。

私の両親は早くに離婚して、父には新しいパートナーの女性がいますが、その女性は普通に『LiLiCoは私の娘です』と言います。義理の親子や養子などで血がつながっていなくても、自分たちが育てたら自分たちのマインドになって家族になるというのがスウェーデンの考え。日本でももっと養子縁組が進めばいいと思いますよ」

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00000002-pseven-ent&p=4

血がつながっているだけの家族も多いですし、LiLiCoさんが仰るように、血の繋がりは関係なく、家族になれると僕も思います。

スポンサーリンク

LiLiCo 関連動画

出典元:https://youtu.be/kZ-9HCai7RA

初の夫婦揃ってのイベント出演ですが、本当に素敵な夫婦ですね。

LiLiCoさんがとても幸せそうです!

スポンサーリンク

LiLiCo 思い ネットでは共感の声が

結婚したら当たり前のように妊娠するって誰もが思うと思います。私もそうやったから。結婚当初すぐに妊娠して喜びましたが流産しました。その後なかなか出来ずに不妊治療してやっと授かった子が今4歳、兄弟は?って当たり前のように聞かれる日常にうんざりしてましたが、不妊治療もしていないのに今2人目授かりました。

二人でテレビに出ている時、素敵なご夫婦だなと思いました。
必ずしも若い親のもとに生まれた方が幸せとは言えないと、日頃残酷なニュースを見ていてつくづく思います…

親からの虐待もあって辛かっただろうね。姉御肌なところがあるから、意外と実子より養子の方が上手くいく気がする。虐待されているような子を救ってあげて欲しいな。

子どもは授かりもの。
これって、運という意味だと思ってましたが、
自分が人として成長するために
神様から授かった有難い存在だと思うようになりました。子どもを通して、たくさん考えさせられることに出会い、その経験があるからこそ、ココロが豊かになる=幸せだなと。

スポンサーリンク

LiLiCo 思い おわりに

家族というのは血の繋がりではないですよね。血の繋がりは信用していません。

日本人は特に血縁にこだわりますが、日本の殺人事件の55%は親族間で起きているというデータを目にしたことがあります。また虐待で子を殺す親もいます。

愛情を注ぎ、苦楽を共にしていき、絆が生まれることで家族になれるのだと思います。

LiLiCoさんご夫婦ならきっと素敵な家族になりますよね。

 

こちらの記事もよく読まれています!

信楽太郎 大反響!TKO木本 あさイチでサプライズ生歌唱!動画はこちら!

夏目三久 号泣の理由は?あさチャン打ち切りとの関係が深い!

餅田コシヒカリ 汚部屋画像あり!男が100人は来ている!モテる理由は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました