オデッセイ 敗因はいったい何?アルファードに勝てない理由は?

ニュース速報
スポンサーリンク

オデッセイ 敗因はいったい何なのでしょうか?

アルファードに勝てない理由とは?

ネットの反応はどうなのか?

詳しくお伝えしていきます。

オデッセイ 敗因はいったい何?アルファードに勝てない理由

まずはこちらおオデッセイの敗因についての報道内容をご覧ください。

 全長が4800mm、全幅が1800mmを超えるLサイズミニバンの新車登録台数を見ると、アルファード&ヴェルファイアが圧倒的に多い。

 逆にかつてベストセラーを誇ったオデッセイは低迷が続いている。オデッセイの初代モデルは、ミニバンの普及期だった1994年に発売してヒット作になり、1995年の登録台数は、1カ月平均でも1万463台に達した。それが最近では大幅に落ち込んでいる。

 なぜこれほど、オデッセイは販売不振になってしまったのか? アルファード&ヴェルファイアに対し、どこが劣っているのか? オデッセイの敗因をモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が分析する。

2019年10月の新車販売台数はたった740台。対するアルファードは5130台、ヴェルファイアは2221台。オデッセイはアルファードの7分の1ほどしか売れていない

なぜこれほどオデッセイは販売不振なのか?

 2019年度上半期(2019年4~9月)の登録台数を1カ月平均に換算すると、オデッセイは1268台だ。絶好調だった1995年の12%にとどまる。当時に比べると国内市場も縮小したが、オデッセイの12%は減りすぎだ。

そしてLサイズミニバンで人気の高いアルファードは1ヵ月平均が5582台、ヴェルファイアは2964台になる。これを見るとオデッセイの1ヵ月平均1268台がいかに少ないかおわかりいただけるだろうか。

 ちなみに現行アルファード&ヴェルファイアが2015年に発売された後、2017年まではヴェルファイアの登録台数が多かった。

それが2018年に入って逆転している。2017年12月に両車ともマイナーチェンジを行い、アルファードがフロントマスクを仮面のような個性的なデザインに刷新して注目されたからだ。

販売店舗数を見ると、アルファードを扱うトヨペット店は全国に約1000カ所、ヴェルファイアのネッツトヨタ店は1600カ所とされる。

これだけ差があれば、ヴェルファイアの売れ行きが多くて当然だ。それがフロントマスクのデザイン変更により、アルファードの登録台数が上まわった。今では店舗数の少ないアルファードが、ヴェルファイアの1.9倍も売れている。

 クルマにとってデザインが重要なのは当然だが、実用重視とされるミニバンでも、マイナーチェンジによる形状変更が売れ行きを大きく左右する。

背の高いミニバンでは、外観の見え方、特にフロントマスクの形状がこれほど重要なのだ。オデッセイの売れ行きがアルファード&ヴェルファイアに比べて少ない理由も、同じところにある。

 アルファード&ヴェルファイアとオデッセイの外観を見比べて、最も違いを感じるのがフロントマスクだ。

 アルファード&ヴェルファイアは全高が1935mm(2WD)で、オデッセイは売れ筋のアブソルートが1685mm(2WD)に収まる。250mm背が低く、しかもフロントマスクのデザインが大人しい。これが売れ行きに大きな影響を与えたと思う。

 クルマの動力性能で考えると、必要な最低地上高と室内高が得られれば、全高と床の高さは低いほど良い。

天井と床が下がれば、乗降性が向上して、重心も下がるから走行安定性と乗り心地でも有利だ。空気抵抗が減って車両重量も軽くなり、動力性能や燃費も含めて車両全体の機能と性能が高まる。逆に背を高くして得られる機能的なメリットは1つもない。

 一方、オデッセイは床と天井を低く抑える理論に忠実な商品開発を行ったから、機能はアルファード&ヴェルファイアよりも優れている。走行安定性だけでなく、居住性もオデッセイが勝る。

アルファード&ヴェルファイアは床が高いこともあり、左右に跳ね上げる3列目シートは、床と座面の間隔が不足して膝を前側に投げ出す座り方になりやすい。

 また高齢者が階段を登る時、段差が30cmを超えると辛くなる。オデッセイのステップ部分は、この範囲内に抑えた。

アルファード&ヴェルファイアは前述のように床が高いから、階段状のサイドステップが備わり、乗降性もオデッセイに見劣りする。

 以上のようにアルファード&ヴェルファイアと機能を比べると、オデッセイは優れた点が多い。それなのに売れ行きではボロボロに負けている。自動車ビジネスは難しい。

またオデッセイの敗因はほかにもある。今のホンダはオデッセイが好調に売れた時代と違って、全店が全車を扱う。

この影響で売れ筋車種が低価格化した。特に今はN-BOXが絶好調に売れている。2019年1~10月の累計で見ると、国内で売られたホンダ全車の内、N-BOXが34%を占めた。軽自動車全体で見ると、ホンダ車の半数に達する。

 N-BOXに次いで売れているのもコンパクトなフリードやフィットだから「ホンダは小さなクルマのメーカー」というイメージが定着した。オデッセイの存在感は相対的に薄れている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00010000-bestcar-bus_all&p=3

詳しくまとめていきますと・・・・

  • 居住性能はオデッセイが勝る。
  • 全高が高く控えめな外観が売上を落とした1つの要因
  • N-BOXに次いで売れているのはコンパクトなフリードやフィットだから「ホンダは小さなクルマのメーカー」というイメージが定着すオデッセイの存在感は相対的に薄れているため

コレばかりは今の現代社会のニーズがオデッセイを求めていないのもあるからでしょうね。

今の時代コンパクトで低燃費がやはり売れますからね。

スポンサーリンク



 

オデッセイ 関連画像や動画

オデッセイ 敗因はいったい何?ネットの反応は?

かつてはエスティマとの比較車だったような…。トヨタが売れないと見切りをつけてさっさと製造止めたから比べる対象が無くなった。この形はもう売れないのかも。

ヴェルファイアみたいな威圧感のある下品なデザインが好きな人が多いから仕方ないと思う

この記事のように無理に優劣なんてつける必要はないと思います。
特に居住性ではオデッセイのほうが…なんてことはないです。ほんとにアル&ヴェルに乗ったことありますか?っていう記事。
アル&ヴェルが売れるのはコンセプトが当初から一貫してて、その間顧客を増やし続けているからだと思う。オデッセイの様に途中でコンセプトを変えてしまうと、それまでのお客は離れてしまうし、エリシオンに乗ってた客層は、やはりアル&ヴェルに流れてしまってるだろうな。

 

オデッセイ 敗因はいったい何?おわりに

まあ敗因と言っても自分が好きな車に乗るのがやはり一番だと思います。

今回の記事で以外での敗因もあるとは思います。

どうすれば売れるのか?オデッセイの今後に注目ですね。

こちらの記事もよく読まれています!

おにぎり支出額 増加理由は何?米離れ進む中なぜ?その謎とは?

リストランテ SNS 物議がヤバい!お店の名前や場所が特定されるww

CM炎上問題 本質!炎上した動画達はこちら!ネットの反応は?

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました