教える技術行動科学を使ってできる人が育つの感想や評価

書籍
スポンサーリンク

教える技術行動科学を使ってできる人が育つの感想や評価をお伝えしていきたいと思います。

人に教えるのが苦手な方やどうすればできるひとが育つのか?人に教えることが不安な人に特におすすめの書籍です。

それではまずは概要から説明をしていきます。

教える技術行動科学を使ってできる人が育つの概要

今回が漫画版の教える技術ですがとてもわかり易く頭に入りやすい内容でした!

概要次のとおりです。

  • プロローグ行動科学で教える技術とは?
  • 支障との出会い
  • 行動を変えれば結果も変わる部下や後輩が成長しないのは教え方をしらなかっただけ

 

  • チャプター1教えるとはどういうこと?
  • 中途社員乙葉の場合
  • そもそも教えるとは?
  • 教える内容を事前に把握しておく
  • プライベートの話で信頼関係の土台作り

 

  • チャプター2どう伝えればいいのか?
  • 外国人アルバイト アルの場合
  • 具体的な行動で表現する。
  • 大きな目標を達成するには
  • 一度にたくさんのことを教えない

 

  • チャプター3褒めることが人を成長させる。
  • 新人アルバイト小森の場合
  • 部下の成長をサポートするには
  • 正しく褒めることで部下の成長や業績をアップさせる
  • 叱る際のポイント

 

  • チャプター4継続するために
  • 続けさせるために数値化する
  • 目に見えるグラフ化する。

 

  • エピローグ教える技術は最高のワザ

本当に概要を見るだけでも分かりやすくなっているのが分かりますね。

各チャプターごとの冒頭ではばマンガ形式になっているので読みやすく感情移入しやすいですね。

 

教える技術行動科学を使ってできる人が育つの感想

一通り読んでみて思ったのが教えるというのはどんな仕事においても必要なことであり自分が上の立場になった時にかならずやることになるためどんな人でもこの教える技術が必要になっていくことが分かります。

そして本書は目からウロコのテクニックばかりでわかっているようでわかっていなかった教え方などがたくさんあってとても勉強になりましたし、この教え方で様々な人それぞれにあった教え方を学べたのでどんどん活かすために本書は非常に有効だと思いました。

注目するべきは結果ではなく行動など物事の成果はその人の行動で成り立っているからと当たり前の事を伝えてはいますが、読むと感心する部分はたくさんあります。

教えるのは定義は根性ややる気ではなく相手から望ましい行動を引き出す行為など読んで納得しました。

新人の教え方とかについても小さな目標を積み重ねるや具体的な数値などを出して設定するなど、新人さんのモチベーションを維持しながらできる教え方だと大変勉強になりました。

また僕がいちばん勉強になったのは人を正しく褒めるの部分でその正しい行動をした時に褒めることとあるようにその行動をした時に褒められればまた同じようにその行動を繰り返し結果良くなっていく。

とビジネスでは強化ともよぶべき言葉で人の行動に対してたくさん褒めて行こうと決意しました!

今の時代あまり褒める人もすくなった気もしますが、このようにたくさん正しい行動をしたときは褒めてあげると後輩や新人のやる気もアップしますからね。

教え方が苦手な人など、どうすればもっと下の人間が伸びるのか?悩んでいるひとは本書をぜひ参考してもらえば解決してくれると思います。

 

教える技術行動科学を使ってできる人が育つの評価

本書は誰でも分かりやすい漫画形式で進行していくので頭に入ってきやすいのですぐに実行に移せる内容ですね。

評価は70点くらいですね。確かにわかりやすいのですが、もっと教える技術の深い部分まで知りたい気もしました。すこし内容が薄いかなという印象はありますね。

しかし最初に読む本としてはまちがいなく本書はおすすめできますね。

教える技術行動科学を使ってできる人が育つのまとめ

今回は教える技術 行動科学を使ってできる人が育つの感想や評価などをまとめていきました。

人それぞれどんなことが苦手でどうすればこの人はもっと仕事ができるのか?などたくさん教える過程で悩む種は多いかと思います。

そんなときはぜひ本書を参考にしてもらえば解決の糸口も見つかると思いますし、なにより自分の糧にもなりますからね。

教えるのが苦手で自信が持てない人や不安な人できる人を育てるにはどうしたら良いのか?など悩む人は読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました