ロシア 離婚大国の理由は?DV死者1万人以上!根強い男性優位への抵抗

ニュース速報
スポンサーリンク

ロシア 離婚大国がネットで注目を集めています。

内閣府の意識調査では「ロシアに親しみを感じている」と答えたのはわずか2割程度というほど、日本人が親近感を抱かない国であるロシア。

ロシア人男性はロマンチストが多いです。綺麗な花は男性からの愛情の証しで、それが男女ともに当たり前のことなのだそうです。

一見ロマンチックに見えるロシア人の恋愛観ですが、実は離婚大国。

ロシアが離婚大国である理由には、根強い男性優位の考え方が関わっているようです・・・。詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ロシア 離婚大国の理由

ロシア 離婚大国の詳細はこちらです。

世界銀行の調べによると、ロシア人女性の平均初婚年齢は24.4歳です。日本の29.7歳よりも5歳以上若い年齢。

政府系機関の世論調査によると、ロシア人の77%が「結婚し家族を持つことが重要だ」と答えています。一方で、離婚率はロシア国内の統計によっては6割を超え、国連のまとめでは世界で最も高い割合です。

離婚理由については「経済的理由」が46%でトップです。次いで「浮気」が22%、「自分勝手な態度」が21%と続きます。そして、身勝手な態度がDVにつながっていくのです・・・。

DV死者1万人以上も

ロシアには「平手打ち法」と呼ばれる法律がある。DVは、妻子にあざや出血を伴うケガを負わせた時だけ適用する。2017年に改正され、最長2年の禁固刑から、初犯の場合、罰金5000ルーブル(7000円相当)~3万ルーブル(4万2000円相当)へと軽減された。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00010000-hokkaibun-hok&p=3

保守系議員が「ロシアの伝統的価値観を守るため」と政権に働きかけたのがきっかけとなりました。

この改正で、警察は女性の相談を取り合わなくなったとDVホットラインを運営する女性支援団体「アンナ」の幹部は嘆いています。

ある女性はDVの相談を警察に連絡したところ、「あなたが殺されたら間違いなく動く。死体を片付けるので心配しないで」と言われたそうです・・・。警察の言葉とは思えません!

そのため、相談者の7割が警察には助けを求めていないそうです。

ロシアのある世論調査では女性の3分の1はDVを受けていて、全国紙「MK」は年間1万~1万4000人もの女性が死亡していると報じました。恐ろしい数字ですよね。

ロシアには「女は殴られることで男の愛を感じる」という旨の格言があるそうです。恐怖を感じます。

ロシアでは、男性にとって女性はアクセサリーのように考える方もいるのです。

著しい男性優位社会だったのですね・・・。

スポンサーリンク

根強い男性優位への抵抗

ロシアの首都・モスクワには、セクシーな勝負下着のランジェリーショップが多くあります。男性に愛されるために女性はセクシーでなければならないのだそうです。

また、かかとの高さが10センチ以上もありそうなピンヒールを、日常的に履く女性も多いです。10センチ以上のヒールって、ヴィヴィアン・ウエストウッドの言葉を思い出します。

かかとの高いピンヒールを履くと、姿勢や歩き方も変わりますよね。その姿が女性らしくエレガントなのです。

前述しましたが、ロシアでは男性優位な価値観が根強いです。女性は一般に社会的立場が弱いため、男性の庇護を受けるために男性が欲する美しさを追求せざるを得ないのです。

「ありのままの自分」プロジェクト

2019年9月、YouTubeに公開された映像がロシア国内で話題となりました。

出典元:https://youtu.be/EzuoTUK-oFE

これは「ありのままの自分」というプロジェクトで、女性ブロガーのトゥーシャさんが始めました。

この動画には、体形や歯並び、胸の大きさ、肌の色、やけどの痕、毛髪など、自分の体にコンプレックスを持っていたという女性10人以上が登場しています。

以前はそのコンプレックスを隠すために整形や豊胸手術などをしたことを告白しています。

ですが「これが自分だけの体だと肯定したら楽になった」と語っています。

コンプレックスは誰にでもありますが、もっと美しければと思うとキリが無いですよね。

このプロジェクトに登場した女性たちは自分の身体を肯定できるようになり、晴れやかな表情だったのが印象的です。

スポンサーリンク

ロシア 離婚大国 ネットの反応

ロシア 離婚大国に対するネットの反応を見ていきます!

ロシア語の非常勤講師を何年かやってロシア人女性と結婚した生徒も何人かいたけどみんな離婚していた、でもロシア人は一般の人はほぼ親日的で親切にもてなしてくれる。

彼等は恋愛に情熱的な分、冷めた時には
極端なぐらい手のひら返ししますからね。
しかも男女ともしっかり自己主張するから
喧嘩の時は余計ヒートアップする

ロシアではジェンダーに関する教育が少ないとききます。それこそ日本と同じくらいだと
若いうちはそれこそ若さとロマンで勢いある恋ができるのでしょうが、ロシア女性は口がたつ
言い返す人も多いが、それに太刀打ちできない男性は話し合うより簡単な暴力に向くのかも
知人のロシア人は皆いい人ですが、ジェンダー価値観は欧米よりはるかに劣るのは間違いないです

ロシアって隣国にも関わらず、余り日本に関わってきませんよね。
嫌だ嫌だと言いながら関わろうとしたり、2世3世まで日本に住み着く何処かの国よりよっぽどマシです。
DVが守るべき歴史には違和感ですが、それが文化や歴史というならロシアではそうなんでしょう。
他国には理解し難い歴史もあるものです。

元々ロシアには、暴力と寒さ・独裁と侵略・死のイメージしかない。
条約も平然と破る政権を、是とする国民性。
最近ではスターリンを評価する風潮もあるそうだ。

Twitterの反応

スポンサーリンク

ロシア 離婚大国 おわりに

かなり衝撃を受けました。僕は男ですが、女性がアクセサリーだなんて全然理解できない考え方です。

でも、これはロシアという国に限定した話ではないですよね。日本人でも、古典的で男性優位な考え方を持った方は多くいますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました