サニブラウン 痛恨のミスとは?日本人?違和感を感じる人が多い理由

スポーツ
スポンサーリンク

サニブラウン 痛恨とはいったいどんなミスをしたのでしょうか?

日本人なの?と違和感を感じる人が多いのもなぜなのでしょうか?

世間の反応は?

それでは詳しくお伝えしていきます!!

サニブラウン 痛恨の詳細

まずはサニブラウンの痛恨の報道内容についてはこちらです。

 陸上・世界選手権第2日(28日、ドーハ)男子100メートル準決勝でサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=と小池祐貴(24)=住友電工、桐生祥秀(23)=日本生命=はいずれも日本勢初の決勝進出はならなかった。日本記録保持者のサニブラウンは10秒15で1組5着、小池は10秒28で2組7着、桐生は10秒16で3組6着にとどまった。第1日に行われた女子マラソンは谷本観月(24)=天満屋=が2時間39分9秒の7位で、日本女子2大会ぶりの入賞を果たした。

壁は厚かった。日本勢初となるファイナリスト誕生に期待が集まったレースで、9秒台トリオは敗退。フィニッシュ後、世界一を目標に掲げていたサニブラウンは表情をゆがめて頭を抱えた。

「スタートの音が全然聞こえなくて、マジかと思った。何が起きたのかなって」

号砲への反応速度は8選手中最下位の0秒206。課題の出足での遅れは響き、中盤からの加速で巻き返してもライバル勢の背中を捉えきれなかった。

世界大会で決勝に進出した日本勢は、1932年ロサンゼルス五輪の吉岡隆徳ただ一人。80年以上も止まったままの歴史を、自己記録が過去最高の布陣で臨んでも動かせなかった。

サニブラウンにとっては2大会連続の準決勝敗退。前回2017年ロンドンでは、世界選手権の日本勢最速となる10秒05を予選で記録した。決勝進出が期待された準決勝は出足の4歩目でつまずき「盛大にやらかしました」と唇をかんだ。

あれから2年。9秒97の日本記録保持者として臨んだ3度目の真剣勝負だった。「何も感じなくなってきたのが怖い」。20歳は風格を漂わせ、得意の200メートルを見送って100メートルに専念したが、またしても涙をのんだ。

来夏の東京五輪への試金石で、夢半ばで散った。「何を言っても言い訳にしかならない。来年さらに大きな舞台がある。そこで結果を出せるように」。さらに強くなり、五輪のスタートラインに帰ってくる。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000021-sanspo-spo
今回の記事をまとめていきますと・・・・・
  • 日本人記録を持つサニブラウン選手は準決勝で敗退。
  • スタート音が全く聞こえなかったためにスタートが出遅れた。
  • 準決勝で敗退し2大会連続で決勝まで行かずに敗退した。
  • 来年に東京五輪で結果を出すほかに無い。

もうあとがない感じですね!

自分の記録を超えるために世界一になるために頑張って欲しいですね。

 

サニブラウン 順位は何位だった?

サニブラウンさんは今回の敗退した着順は5位に終わったようです。。

理由はやはりスタート音の反応速度が悪かった事が挙げられていますね。

このままでは自分の記録を越えるどころか決勝にもいけませんからね。

東京五輪ではぜひとも一皮むけた彼の走りをみたいですね。

サニブラウンは日本人?違和感を感じる人が多いのはなぜ?

サニブラウンさんはどうせアフリカの選手なんでしょ?

と思っている人もいるでしょう!

また競走馬?などと思う人も多そうな気がしますww

彼は国籍はなんと日本なのでれっきとした日本人です!

まずはその気になるプロフィールを見ていきます。

本名はサニブラウン・アブデル・ハキームと言います。

年齢は20歳です。

身長は190cmの体重は83kg

2016年にはフロリダ大学に進学もします。

 

福岡県北九州市出身。ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ。父親はガーナ人でサッカーの経験があり、母親は100mとハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場した経歴を持っているアスリート一家であった。サニブラウンも子供の頃はサッカーに取り組み、ポジションはフォワードだったが、小学校3年生の時に母親からの薦めで陸上競技を始める。

出典;https://ja.wikipedia.org/wiki/

彼は日本人の母親がいますし、日本の福岡で生まれて育っていますのでバリバリ日本語も話せますね。

彼が日本人初と言われると違和感が出るのは当たり前ですが日本人っぽくないのはガーナの血が流れているからでしょうね。

競走馬?と言われるのは名前が競走馬っぽいからでしょう。

本人からしてみたら勘弁してほしいですね。

スポンサーリンク



 

サニブラウン 動画

サニブラウン 痛恨 ネットの反応

残念ですが、次はよく聞いて頑張ってください。しかし、桐生選手といい、本来の力を発揮出来ずに負けるという日本人らしい負け方。本番に強くなってほしいものです。

サニブラウンだけじゃなくてアメリカのロジャース選手も聞こえなかったと言ってるらしいな。流石に聞こえててのあの遅れは有り得ないから抗議した方がいい。そのスタート音問題が解決されないと2年に1度の世界陸上にも興醒め。

まぁ天狗になりかけてたしサニブラウンにとってはいいお灸だろ
まだ若いし謙虚になにも成し遂げてないのにビッグマウスなんて虚しいだけだからね
まぁ頑張って

 

サニブラウン 痛恨 おわりに

日本人の最高記録を持つ彼にとって2大会連続敗退は辛いでしょう。

だからこそ次こそはリベンジしてほしい!

東京五輪という素晴らしい舞台で!

しかしあのスタート音は周りがうるさくてあまりよく聞こえなかったと言う意見もありますが他の選手は普通にスタートが切れていたのできっとそんなことは無いのでしょう。

スポンサーリンク



こんな記事もよく読まれています!

学生ローン 行列理由が笑えないレベルでヤバい!貧困問題どうなる?

ジム解約トラブル 急増理由は?パーソナルジムの恐るべき実態に迫る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました