志村けん・愛弟子 初告白の内容はこちら!志村がファミレスで激怒とは?

ニュース速報
スポンサーリンク

志村けん・愛弟子 初告白を語り話題になっています。

志村けんがファミレスで激怒した内容とは?

どんな内容なのか気になりますね。

ネットの反応は?

詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

志村けん・愛弟子 初告白の内容はこちら!

志村けんさんの愛弟子であった、現在は故郷である鹿児島でタレント兼ご当地レポーターである乾き亭げそ太郎さんが初告白しました。

志村けんのバカ殿にはメガネをかけた家来としても出演をしていたそうです。

僕は全くこの方を知らなかったのですが、愛弟子であるわけですから相当思い入れも強そうです。

 

乾き亭げそ太郎さんのプロフィールや画像

まずは愛弟子であった乾き亭げそ太郎さんの画像はこちらです。

お笑い芸人にいそうな顔立ちですねww

プロフィールはこちらです。

志村けんに弟子入りした後、芸能活動を開始。『志村けんのバカ殿様』の「メガネをかけた家来」役で知られる。「竜兵会」の一員でもある。趣味は洋菓子作り。仕事場などで後輩に振る舞うほどの腕前。

2010年をもって、ふるさとの鹿児島を当面の拠点とすることを決め、帰郷。現在は鹿児島でタレント活動を行っている。一時は志村の番組や舞台出演のために上京し、東京などでも仕事をこなしていた。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E3%81%8D%E4%BA%AD%E3%81%92%E3%81%9D%E5%A4%AA%E9%83%8E

色々とやっていた人みたいですね。

ちなみに乾き亭げそ太郎の命名は有吉弘行さんみたいです。

なるほどなって感じです。

志村けん・愛弟子 乾き亭げそ太郎と出会い

子供の頃からドリフターズが好きで94年11月に芸人になりたいと思い上京。

イザワオフィスの事務所を知ってアポ無しで訪れたそうです。

この決断力や行動は素晴らしいですね。

そして事務所に訪れると、ちょうど志村さんの運転手を募集をしていて面接を受けたら一発合格したのです!

ゲソ太郎し志村さんと初めて出会ったのはその1週間後に行きつけの喫茶店で初対面。

その時のエピソードはこちらです。

「緊張してあまり記憶がないのですが、志村さんに『芸人を目指してオレのところに来ても、教えることはないぞ』と言われました。そのときに僕が『これからは志村さんのことを師匠と呼んでいいですか?』と聞いたら、『芸人たちはオレを師匠と呼んでいるけど、自分の弟子から師匠と呼ばれるのは恥ずかしいから「さん」付けでいいから』と言われました。なので、僕は志村さんのことを一度も“師匠”と呼んだことはなく、今でも“志村さん”と呼ばせていただいています」

なんだか志村さんらしいなと思ってしまいました。

恥ずかしいからと言う理由だけでは無かったと思いますがきっと彼の懐の深さがあったからでしょう。

車中での冗談エピソードとは?

その後弟子であるゲソ太郎さんは毎日高級車リムジンの運転手として志村さんを自宅と職場を送迎していたようです。

車中ではビートルズや吉田拓郎の曲を好んでい聞いていたようですね。

その中で志村さんは信号で停止している間にも通行人に対してお辞儀をしていたのを見たゲソ太郎さんはびっくりしたようで本人に対して・・

志村さんはすごいですね。信号待ちする間に通行人に頭を下げていて。

すると志村さんは

ちがうよ!お前ブレーキを強く踏むから勝手に頭が前に倒れるんだよ!という冗談にもとれる笑いながらツッコミを披露します!

これには思わず笑ってしまいますね。

さすがお笑いの神です。このような普段でも面白おかしくする技術をもっていたのですね。

その後リムジンを擦ってしまう事件も起きましたが、これに対して志村さんは

おお、まあ仕方ねえなあの一言で終わったそうです。

さすが志村さん懐の深さをより感じます。

志村けん・愛弟子乾き亭げそ太郎が激怒されたのは遅刻!

志村さんは激怒したのはタバコを吸いたいときやタオルが欲しいときなどすぐに用意できなかったり、遅刻をしたときにはブチギレたそうです。

愛弟子が遅刻をした時時刻は深夜3時だったそうです。

お前ナメてんのか!俺は1日がマイナスからのスタートになるから遅刻は嫌なんだ!すみませんのマイナスからのスタートになる事をなんで弟子のお前がやるんだと調子に乗ってのか!と朝の7時まで説教をくらったようです。

このマイナスからのスタートは名言ですね。

そして弟子のためにもここまでの長時間怒れる志村さんにも驚きます・

その後ゲソ太郎は遅刻していないようですし愛を感じるエピソードですね。

弟子になって3年後弟子をやめるといった志村さんの反応

その後愛弟子は志村さんにネタを考える時間が欲しくなったので、辞めたいと話しますと志村さんはこう怒ったようです。

『ダメだ。お前、この3年の間に何もやってないじゃないか。環境を変えたら自分ができると思っているかもしれないけど、やる人はどの環境にいても絶対にやるからな。俺もドリフターズに坊や(付き人)で付いていたときに、坊やの仕事をしながらメンバーやスタッフを笑わせていた。与えられた環境で何もしていないお前は他へ行っても何もできない』と言われました」
げそ太郎氏は、それを機に毎週ある志村の番組会議にネタを出すようになった。

そして採用されるようになり志村さんの助言でバカ殿にも家来役で抜てきされた愛弟子。

志村さんって本当に人を伸ばす力をもっていたんだと痛感しますね。

また志村さんは芸に対してこだわっていたのは内面のリアリティだと愛弟子は話します。

 そしてコントで演じるときは、演技の前段階をよく考えろと口酸っぱく言われました。例えば、志村さんが酔っぱらいの役をやるときに『オレはいつも演じる酔っぱらいが、うれしくて飲んでいるのか、悲しくて飲んでいるのか、怒って飲んでいるのかを考えてやっている。それによって演技やセリフも大きく変わってくる。演技の前の気持ちを作って、セリフを言わないとダメだ』と丁寧に教えていただきました」

リアリティの追求本当にすごいです。

笑いのプロ意識を肌で感じることができたこの愛弟子は本当に志村さんにここまで教えてもらえてラッキーだったでしょう。

愛弟子の最後の後悔は写真

ゲソ太郎さんはその後志村さんの弟子をやめて11年に鹿児島に戻ります。

2019年7月にに客席で志村さんの舞台を見て楽屋に挨拶した時に事務所の方に一緒に写真でもどうですか?と言われたのですが、げそ太郎さんは志村さんがシャイで写真などが苦手であったことから遠慮をしたようですが、それが志村さんとの最後の会話だったようで2ショットの写真を撮らなかった事が一番の後悔だったと話しています。

げそ太郎さん大泣きでしょうね。

ここまでよくしてくれた師匠がいたことは一生の宝ものでしょう。

スポンサーリンク

志村けん・愛弟子 初告白 ネットの反応

泣かせるコメントありがとうございます。自分も違うかたちで厳しい人に教わった時も遅刻はしないとあいさつは必ずするそこから入りました。仕事に対する姿勢は始まる10分前には仕事場に来て準備する事チャイムがなって仕事していたら今日一日の仕事が順調にいかなかったら駄目と思いいつも仕事は早めに行きます。

志村さんも付き人を経験して確固たる地位を築き上げているから、環境のせいにするなの件は
その通りとしか言えないね。弟子の人は改名した方が良い気がする。個人的に芸名を面白くしようとする人は、そんなに大成出来ていない様に思える。

志村さんには、げそ太郎さんみたいに、表舞台に出ないけど、志村さんを慕って一緒にいた人がたくさんいたんだろうなぁ。
多くの人の心に大切な思い出を残してくれてありがとう。

冒頭のドリフメンバーとの写真、志村さんが一番元気そうにうつってるんだけどなぁ・・。

師匠としての厳しい面の志村さんの顔を聞かせてもらったが、すべての言葉が全くその通りで納得させられる。ときどき弟子に理不尽な八つ当たりをするような人もいるが、芸と生き方は厳しく教えても、それ以外のことは弟子を本当に可愛がる、そんな姿が感じられます。お父さんの影響をやはり受けてるのかやはり教育者の血も流れてるんですね

スポンサーリンク

志村けん・愛弟子 初告白 おわりに

愛弟子の初告白泣けました。

志村さんの熱いメッセージがたくさんありましたね。

きっとげそ太郎さんの事も天国で思ってくれていると思います。

愛弟子である事に誇りを持ってこれからも志村さんの分まで頑張ってほしいですね。

関連

こちらの記事もよく読まれています!

明石家さんま 大量メッセージとは?志村さんが亡くなった直後から?

志村どうぶつ園 反響!即トレンド1位!パンくんの名シーンが泣ける

相葉雅紀 悲痛!志村けんさんへの全文はこちら!ネットの反応は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました