チェルノブイリ 観光客増の理由は?自撮りに夢中とかヤバすぎ!

ニュース速報
スポンサーリンク

チェルノブイリ 観光客増の理由はいったい何なのでしょうか?

放射線量が多い立ち入り禁止区域で自撮りに夢中とかヤバすぎですね!

ネットの反応は?

それでは詳しくお伝えしていきます!

 

チェルノブイリ 観光客増の詳細

【関連写真】チェルノブイリの検問所の土産店

 爆発により、欧州の広範囲に放射性物質が放出され、原発の半径30キロ圏内は今も立ち入り禁止になっている。その一部地域は近年、観光客に解放されており、ドラマが放映される前から「ダークツーリズム」の対象になってきた。

 地元旅行会社の中には、ドラマのロケ地巡りをするツアーを実施し、立ち入り禁止区域周辺の川でカヤックを楽しめる特別ツアーを提供しているところもある。

 チェルノブイリ情報センター(Chernobyl information centre)の代表オレクサンドル・シロタ(Oleksandr Syrota)氏は、一部の旅行会社は、原発事故が起きた地域周辺で「ファストフード」のようにさっとお手軽に旅行体験を味わえる旅行プランを提供していると話す。

 旅行客の増加傾向は今後も確実に続くとみられている。5月に大統領に就任したウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)氏は7月、チェルノブイリ原発周辺を観光地としてさらに開発する大統領令に署名した。

 ブラジル出身の男性(27)は、チェルノブイリの原発事故についてはよく知らなかったが、ドラマを見てもっと知りたくなりウクライナまで来たと語った。この男性は友人に、原発と一緒の写真を撮ってもらっていた。「ここで何が起きたかを理解して学ぼうという目的で訪れるのであれば、いいことだと思う」「歴史的な出来事だから」

 観光客は年々着実に増えており、昨年チェルノブイリを訪れたのは7万2000人に上る。ツアーの主催者団体によれば、今年は10万人に増加する見込みだ。

 一方で、今夏にドラマが放映された直後には、現地で撮影された写真がソーシャルメディアで拡散されて炎上する事態も起きた。拡散されたのは、当時5万人近くが住んでいたものの原発事故後に立ち入り禁止とされゴーストタウンとなったチェルノブイリ近郊プリピャチ(Pripyat)で撮影された「セクシー」写真やはしゃいでいる写真だ。

 ドラマのプロデューサー兼脚本家のクレイグ・メイジン(Craig Mazin)氏はツイッター(Twitter)で、「写真が出回っているのを見た」「もし訪れるなら、そこは恐ろしい悲劇が起きた場所だということを思い起こしてほしい。苦しみ、犠牲を払った人たち全員に敬意を払ってほしい」と苦言を呈した。

■勝手に持ち帰った「お土産」をオークションに

 チェルノブイリのツアーガイド協会代表、ヤロスラフ・エメリヤーエンコ(Yaroslav Yemelianenko)氏は、チェルノブイリは「トレンディー」な観光スポットになっていることを認めている。一方で、ウクライナ政府は悲劇的な面にこだわるよりも、最悪な事故を思い起こす場所として立ち入り禁止区域を宣伝するべきだと主張する。「私たちはこの場所のプロモーションを行い、この場所について語り、ここに人を引き寄せる必要がある」

 原発事故で命を落とした人々を追悼するためにこの地を訪れる人もいる。プリピャチで廃虚と化した遊園地の観覧車を撮影していたスロベニア出身の男性は、「こうした場所には何らかの敬意を示さなければならない」「謙虚な態度を取るべきだ。あちこち歩き回って物を拾うべきじゃない」と話した。

 チェルノブイル情報センターのシロタ氏によれば、オフィシャルツアーの参加者や、無許可で侵入する「ストーカー」と呼ばれる人の中には、立ち入り禁止区域から「お土産」として物を持ち帰るやからもいる。

出典:出典:https://headlines.yahoo.co.jp/
今回の記事をまとめていきますと・・・
  • チェルノブイリを題材にしたテレビドラマが大ヒットした影響で年々観光客が増えている。
  • 拾ってきた危険物をオークションに出す輩まで出現する始末。
  • 放射線量があまりにやばいため立ち入り禁止区域になっている場所で平気な顔して自撮りをする馬鹿な人達。
  • 自撮りの写真がTwitterなどで拡散されて問題視されている。
  • 今後立ち入り禁止区域に無許可で入れば重罪も検討する予定

チェルノブイリ 観光客増の理由

やはりアメリカで放送された同名のドラマが話題になった影響がかなりあると見えますね。

詳細はこちらです。

米ケーブルテレビ局HBOの人気ドラマ「チェルノブイリ(Chernobyl)」の影響で、史上最悪の原発事故が起きたチェルノブイリ周辺を訪れる若い世代の観光客が増えている。だがツアーガイドらは、多くの客は原発事故について学ぶより自撮りに夢中だと話す。

アカデミー賞(Academy Awards)のテレビ版に当たるプライムタイム・エミー賞(Primetime Emmy Awards)の19部門にノミネートされている「チェルノブイリ」は、1986年4月に旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所の原子炉1基で実験中に起きた事故を再現している。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00000005-jij_afp-int&p=2

興味がでたからと言ってそんな危ない場所に平気な格好でよく行きますよね。。

アメリカ人なのかはわかりませんが、自分の命を削ってまで行く人の気がしれませんね。

しかもそこで笑ったり変な写真を撮ったりとか完全に被害者を冒涜している好意に吐き気が出ます。

今後罰金などの刑罰を科せる必要性もありそうです。

スポンサーリンク



 

チェルノブイリ 観光客増の理由の米ドラマの動画

 

チェルノブイリ 観光客増のネットの反応

このすさまじい過ちをドラマ化するとはかなり思い切ったことをしますね。

批判も多そうですちょっと見てみたいですね!

 

チェルノブイリ 観光客増 おわりに

今回はチェルノブイリの観光客増についてまとめていきました。

平気な顔して立ち入り禁止区域で自撮りをする人々はそこまで自分をアピールしたいですかね。。

命よりもインスタの自撮りを選ぶとは実に愚かな行為かなと思います。

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました