トヨタ NTT 資本提携報道のスマートシティはどこ?ウーブンシティとは?

ニュース速報
スポンサーリンク

トヨタ NTT 資本提携報道がネットで注目を集めています!

自動車会社大手トヨタと通信会社大手NTTが、互いに2000億円規模の出資を行って株式を持ち合う資本提携に踏み切る方針を固めたことが、24日NHKの報道で明らかになりました。

最先端の街づくりである「スマートシティ」という構想を推進するねらいがあるようです。

世界的にも開発が活発になっているスマートシティとは何なのか、またどこにつくられるのかなど詳しくお伝えしていきます!

スポンサーリンク

トヨタ NTT 資本提携報道 詳細

トヨタ NTT 資本提携報道の詳細はこちらからお伝えしていきます。

 

資本提携によってトヨタとNTTは、トヨタが持つ自動運転などの次世代の車技術と、NTTが持つ高い通信インフラ技術を組み合わせて、5Gの次の世代の通信規格である6Gの活用を視野に、新しい移動サービスの開発で幅広く協力していくようです。

自動車業界では、自動運転や電動化などの「CASE」と呼ばれる先端技術をめぐる競争、通信業界では、大容量の情報を瞬時にやり取りできる通信サービスを目指した競争がそれぞれ世界的に激しさを増しています。

日本を代表する企業が業界を越えて関係強化に踏み切るのは異例ですよね。互いに協力しあい、最先端の街づくりでリードしたい考えとみられています。

そして、トヨタ自動車は24日、NTTとの共同記者会見を開催すると発表しました。会見は24日15時から行なわれ、インターネットライブ中継も行なわれるそうです。ライブ中継終了後はオンデマンド配信も行う予定だそうなので、オンデマンドでかいつまんで見ようと思います。

トヨタ NTTのねらい「スマートシティ」とは

スマートシティとは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)をエネルギーや生活インフラの管理に用いることで、生活の質の向上や都市の運用及びサービスの効率向上、そして都市の競争力をつけ、現在と次の世代が経済・社会・環境の観点で需要を満たすことができるような都市のことです。類似の概念に「スマートグリッド」がありますが、スマートグリッドが電力に着目している一方、スマートシティは都市の生活基盤全般を含みます。

出典元:https://sustainablejapan.jp/2017/05/08/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3/26706

例えば、交通システムの観点からは、スマートパスやEV用充電ステーション、物流・輸送の最適化などの取り組みがあるようです。

IoTを存分に活用した未来都市が本当につくられるなんて、一昔前じゃ考えられなかったですよね!

スポンサーリンク

スマートシティ構想のWovenCity(ウーブンシティ)はどこ?

トヨタは2020年1月7日、アメリカ・ラスベガスで開催された世界最大規模のエレクトロニクス見本市「CES 2020」において、「ウーブン・シティ(Woven City)」と呼ばれる実験都市を開発するプロジェクト「コネクティッド・シティ」を発表しています。

これが今回の資本提携で推進するスマートシティとも関わってきます。

あくまで実験都市だそうですが、自動運転の実証実験をするだけの味気ない都市ではなく、想像以上の未来都市でした。

気になる建設場所ですが、2020年末に閉鎖を予定しているトヨタ自動車東日本株式会社 東富士工場(静岡県裾野市)の跡地に建設されるそうです!

その規模はなんと東京ドーム約15個分!

着工は2021年を予定しているそうで、プロジェクト初期ではトヨタの従業員・関係者をはじめとする2000名程度の入居を想定しているようです。

将来的には一般入居者の募集や、観光施設としての運営も期待されますね!

出典元:https://youtu.be/jh7FHx8M3G0

プロジェクトの核となる実験都市「ウーブン・シティ」は、日本語に直訳すると「編まれた街」という意味だそうです。

街を通る道が網の目のように織り込まれたデザインに由来します。

建物も近未来的かと思いきや、主にカーボンニュートラルな木材で建設され、屋根には太陽光発電パネルを設置するなど、環境との調和やサステイナビリティを前提とした街づくりが基本だそうです。

専用の道路では、完全自動運転で二酸化炭素の排出がゼロの車や1人乗りの小型のEVなどが走行します。

また、住宅には家事などを支援するロボットも配備されると見られており、「MaaS」と呼ばれる新しい移動サービスやロボット技術の実証も行われる見通しです!

スポンサーリンク

トヨタ NTT 資本提携報道 ネットの反応

トヨタ NTT 資本提携報道にたいするネットの反応を見ていきます!

さすがはトヨタだ。次元が違う。 日本でGAFAやサムスンに対抗できるパワー(技術力、資金力、ブランド力)をもつ企業はトヨタだけ。そのトヨタがこうやって巨大プロジェクトをどんどんやってくれるのは心強い。

トヨタは自動運転で中国のIT企業と提携してなかった? 心配だなぁ。 NTTの筆頭株主は国でしょ? だいじょうぶ?日銀もだけど。

トヨタってKDDIの主要株主じゃなかったっけ? KDDIということはスマホキャリアとしてはauなはずだし。 それでもなおNTTと組むんだな。

マジ住んでみたい。 1億円越えのスポーツカーもウーブンシティもぶっ飛んでるけど、従業員もどんどんぶっ飛んだ事にチャレンジしていいっていう社長からのメッセージやな。

スポンサーリンク

トヨタ NTT 資本提携報道 おわりに

ネットの反応にもありましたが、トヨタはKDDIの大株主ですし、ソフトバンクとも提携しています。そして今回はNTTとも提携。 すでに3大通信会社を押さえたことになりますね。

自動運転レベル4が日本に普及する頃には、他メーカーが追いつけなくなっているかもしれないですね。しかし、ウーブンシティの構想の時点で他とはかなり差を付けていますよね。

こういった未来都市に関するニュースというのは本当にわくわくしますが、低所得者層は住めなさそうですよね・・・。

 

こちらの記事もよく読まれています!

トヨタ トミカ 愛車戦略の裏側がすごい!ネットの反応は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました