若者 腕時計離れの理由は?時計を普段しない人は全体の約半数!

ニュース速報
スポンサーリンク

若者 腕時計離れが進んでいるようです。

なぜ進んでいるのでしょうか?どんな理由があるのか気になりますね。

なんとアンケート調査等によると時計を普段しない人は全体の約半数くらいにのぼるんだとか!

これは衝撃ですね!

世間の反応はどうなのでしょうか?

それでは詳しくお伝えしていきます。

若者 腕時計離れの詳細

まずはこちらが報道された内容です。

 かつては高価な腕時計をつけることが、一流のビジネスマンとしてのステータスと言われていた。しかし、スマホの普及や格差の拡大に伴って、若者たちの間では“腕時計離れ”が広がりつつある。

 インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEが、20代以上の男女3796人を対象に行った「腕時計」に関する意識調査によれば、「外出の際に腕時計をつける人」は全体の43.7%にとどまっている(2018年4月20日~5月11日実施)。

こうした昨今の若者離れに対して、腕時計業界がどのような戦略を取っているのだろうか。大手時計メーカー、セイコーウオッチ株式会社の広報宣伝部、有馬広智さんに話を聞いた。

――“腕時計離れ”に対して取っている戦略などございましたらお聞かせください。

1つには、「モデルのバリエーションの拡充」が挙げられます。

腕時計に関して言えば、従来、若年層は“人と同じもの”を選ぶ傾向にありました。しかし近年では個性を主張するツールとして“人と違うもの”を選ぶお客様が増えているためです。

――若年層が人と違うものを選ぶようになったのはなぜですか。

有馬:SNSの普及によって“シェア”という概念が浸透し、国境も性別もボーダーレスになっていくことで、“多様”であることが当たり前の時代になりました。結果、自己表現の手段として“選ぶ楽しさ”を求める人が増えたのではないでしょうか。近年では手に届く価格でカスタマイズできるブランドも生まれており、少量多品種の傾向が強くなっているように思います。

――バリエーション以外に取っている戦略はどのようなものでしょうか。

有馬:もうひとつには、「ブランドのストーリー性」ですね。

ネットで普及し、自分で様々なことを調べられるようになったことで、モノを購入することのハードルが高くなり、購入に至る必然性や理由が求められる傾向にあります。そういった面で、お客様に自社のストーリーを認知してもらうことはブランドへの理解に繋がり、納得して購入していただくためにますます重要になっていると考えています。

一例として、近年流行トレンドになっている『復刻』モデルがあります。復刻モデルが各社から相次いで発表されていますが、往年の代表作を通じてお客様に自社のストーリーを認知していただけるといった効果があるんです。復刻に限らず、自社の強みを認識して発信することの重要さは増してきていると言えますね。

また「腕時計に慣れる」という点で、ケアフリーなモデルがおすすめです。最近はソーラー充電のモデルも増えましたし、サビに強く金属アレルギーの出にくいチタンケースのモデルなども比較的お求めやすい価格で入手できます。まずはメンテナンスが少ない、使いやすいモデルを通じて、気軽に腕時計に触れていただければと思います。

また一方で、最近では身の回りのものが電子化されていく中で、アナログ回帰が進んでいる傾向にあります。腕時計で言えば、いわゆる「機械式」時計の人気がこれに相当します。定期的なオーバーホールによって、長く愛用できる「機械式」の時計。そういった意味では手間はかかりますが、早いうちから機械式時計を選ばれるのも“アリ”ではないでしょうか。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00203749-bizspa-bus_all&p=3

日常的に腕時計をする人が43、7%ということはやはり半数の人が腕時計を日常的にしていないということになりますね!!

きっと90年代は8割位が腕時計をしていたんだと思います。

セイコーも時計離れを止めるためにたくさんの戦略を使っているのですね!

最近は確かにバンドがワンタッチで手軽に変えられるタイプの時計が増えていますから自分だけのこだわりのカスタマイズとか出来るとシェアとかしたくなりますからね!

またアナログ式が再び人気が出ているそうですからやはり流行は過去に流行ったものが再び流行ることがありますね!

手間がかかるけど愛着がその行う作業が楽しいですからね。

アナログも良いもんです。

 

スポンサーリンク



 

若者 腕時計離れの理由

そして一番の若者の時計離れに要因する出来事はやはりあれでしたね。

詳しくはこちらの引用をどうぞ!

有馬広智(以下、有馬):やはり以前に比べて、若年層を中心に腕時計を着用している方は少なくなっていると思います。理由としてはやはり、スマートフォン・スマートウォッチなどのデジタル端末が普及していることが大きいでしょう。

――最近は、ビジネスシーンでもスマートウォッチを使っている方を多く見かけますね。

有馬:デジタルネイティブな世代の方々は、腕にデジタル端末がついていることの違和感も少ないのかなと思います。また、若年層の方々は腕時計にかけるお金がどうしても限られてしまうために、多機能なスマートウォッチに流れているのかもしれません。

――やはりこういったデジタル端末の台頭は、危惧していたのでしょうか。

有馬:当社としてはそこまでネガティブに捉えておらず、先ずはそういった端末を通じ若年層の方々にも「腕に時計を付ける感覚」を知っていただき、当社の商品に興味を持ってもらえればと考えております。

このような“ステップアップ需要”は業界全体が意識しているところだと思います。各社ともスマートウォッチや普及価格帯モデルとの差別化で、「高品質」「高付加価値」といったブランディングが進んでいます。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00203749-bizspa-bus_all&p=3

来ましたね!やはりスマートウォッチがはやり出したおかげで普通の腕時計は売れなくなったのは一番の要因でしょうね。

多機能で安価なものもありバンドや種類もたくさんあるとなればそりゃこっちを使いますよね。

しかしセイコーもまた危惧せずにスマートウォッチなどで手軽に使える時計で慣れてもらってから当社の商品に興味を持ってもらえば良い。

どんだけポジティブで有効的なのでしょうか!!

まあデジタルにはアナログの自分でゼンマイを回す手動巻きの時計とかレトロで愛着がわきますから決してデジタルには無い自分で行う作業がまたたまらなく良いんですよね。

お互いが共存してまた腕時計に人気が出ると良いですね。

 

若者 腕時計の関連画像やツイート

若者 腕時計離れの理由は?世間の反応は?

単純に不景気で収入が上がらないからでしょ。

若者の物欲が無くなったって言う人もいるけど、欲しい物はいっぱいあるよ。服も時計も車も家も家電も上げたらキリがないくらいいっぱい。

それじゃそれだけ稼げって言われればそうなんだけど。
それならそこそこで自分の時間をもっと作りたいってなるんだと思う。

私は普段汗をかく仕事をしているので腕時計を外してしまうことが多いが、河野外務大臣がしていた竹側の腕時計を見て軽くて皮膚に優しそうで欲しいと思った。今は時を刻む機構については安くても問題はない。長く愛用できればある程度高くても良いものを買いたい。最近は日本製が少ないのでこういう視点から良い時計を作ってほしいなと思う。

若い人程、携帯はなくてはならない存在で、その携帯と繋がっているスマートウォッチはこれからも増えていくと思うなー。
でもいろいろなシチュエーションの中でいい時計を一本持つというのも大切だと思うなー。

 

若者 腕時計離れのおわりに

今回は若者の腕時計離れについてまとめていきました。

一番はスマートウォッチの普及などによるものが多いみたいですね。

しかしセイコーは共存を求めていますし、考え方がとてもポジティブで素敵ですね。

所得が増えれば時計離れもなくなるのか?と言われると今やそれだけでなく自分の時間を大切にしたい人が増えているのもありますからそれだけが要因ではないでしょうね。

 

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました